スタインウェイアカデミー 認定技術者 在籍

スタインウェイが認めるピアノ技術認定の最高位の資格です。

一級ピアノ 調律技能士 在籍

日本の国家資格である技能検定制度の一種です。

ピアノに関する学科及び実技試験で、ピアノ調律技能検定の最高位の資格です。

ご購入者様の声

 

当社でピアノをご購入していただいた方の

ご購入者様の声です。

 

実際に当社でピアノをご購入していただいた方々の直筆アンケートなので、ご購入を検討されるのに、とても参考になると思います。

オーバーホール

の詳細はこちらです


facebook始めました♪

 

工房のブログだけでなく、本社スタッフのブログも見られるので、ぜひ いいね してみてください(*゚▽゚)ノ

調律師、調律師見習い募集中です!

 

詳しくはお問い合わせください。

052-808-0273


 

外装クリーニング料金ページ

 

作りました♫

 

お子さんやお孫さんにピアノを譲る方や、引っ越しついでに外装を綺麗に磨きませんか?

 

当社のクリーニングはポリッシャーで研磨しますので、新品の様に

ピカピカになります♪

 1973年の創業当時,殆どの楽器店がピアノ販売に力をいれる中で、弊社はすでに、ピアノの塗装・修理を行っていました。 その長年のノウハウで、現在では、フルコンサートピアノの全塗装、スタインウェイのオーバーホールに至るまで、どんなピアノでも修理することが可能になりました。

 弊社に大量に並んでいる中古ピアノ、お客様より依頼を受けた修理のピアノの全てが、この日進工房で1台1台大切に修理しピアノを生き返らせていきます。

ピアノに息吹が吹き込める様に技術者一人一人が日々精進しています。

更新履歴

2016年

11月

15日

CBCテレビのニュース番組【イッポウ】に出ます

11月16日(水)にCBCテレビのニュース番組「イッポウ」午後4:52〜7:00内にて当店が紹介されます。
職人の仕事ということがテーマとなっているそうですので是非東海地方の方はチェックしてみてください。

と言うのは簡単ですが、とても緊張しましたσ(^。^;)
普段の作業をするだけなのにカメラや音声・照明さんに囲まれ、時には質問されたり。
リハーサルもなくいきなりぶつけ本番で何を質問されるかも分からない中でのリアルな撮影だったので、その雰囲気が伝わるかと思います。
普段からよく喋ってる日本語すら何を言ってるのか分からなくなるほど緊張してましたがそんな様子も踏まえ楽しんで頂けたら幸いです(^ー^)ノ

(どれだけ使ってもらえてどれだけカットされてるんだろう???(笑))

しゅんすけ@工房

http://hicbc.com/tv/ippou/

2016年

11月

14日

来週は試弾会&コンサートを行いますよ!

 

 

 

今年もやっちゃいます(^^♪

 

 

今日は工房の作業ではなく、本社ショップの3階にある

ナゴヤピアノコンサートサロン】で行われる、コンサートと試弾会についてのご案内です。

 

 

来週の11月23日(水祝)から27日(日)までの5日間はスタインウェイ”ファミリー”ピアノ試弾会を。

11月23日(水祝)と11月26日(土)にはピアノコンサートを開催いたします。

 

 

 

イベント期間中には、3つのコンサートがあります。

オープニングコンサートで演奏してくれるのは、コンクールでも上位入賞と優秀な成績を修めている高校生2名。

15時からのコンサートでは、ソロリサイタルを開催されているピアニストによる演奏をお楽しみいただけます。

コンサートは全て入場無料です。席数に限りがありますので、事前にご予約をお願いいたします。

試弾会のついででも、コンサートだけのご予約でもOKです。

コンサートご予約希望の方は、052-802-1155までご連絡ください。

試弾会のご予約はこちらから受付しております。

 

コンサートの内容は下記のとおりです。

11月23日(水祝)
オープニングコンサート、開演11:30 
ピアノ:井上莉那、鈴木このか
<プログラム>
ベートーヴェン/ピアノソナタ第30番 ホ長調 Op.109
ショパン/アンダンテ・スピナートと華麗なる大ポロネーズ

11月23日(水祝)
コンサート、開演15:00
ピアノ:近藤由貴
<プログラム>
シューマン=リスト/献呈
ショパン/ノクターン第2番
ムソルグスキー/展覧会の絵 ほか

 

11月26日(土)
コンサート、開演15:00
ピアノ:戸谷誠子
<プログラム>
モーツァルト/幻想曲 ニ短調 K.397/385g
モーツァルト/ロンド ニ長調 K.485
プロコフィエフ/ピアノソナタ第6番 イ長調 作品82 ほか 

 

しゅんすけ@工房

 

 

0 コメント

2016年

11月

11日

上海へ社員旅行③

社員旅行では食べ歩きや観光も時間内で出来るだけしてきましたよ!

これでもか!

ってくらい歩き倒しました(o´Д`)

念願の小籠包・小籠包と思って注文したら焼いた小籠包みたいなのが出てきたり旅には欠かせないちょっとしたトラブルも思い出になってイイですよね!!、、

そこで、日本との違いを感じた事がいくつかまだありました。

ひとつはセキュリティ意識の高さ!
です。

日本ではありえない程荷物チェックや身体検査をされました。
驚いたのは各地下鉄の駅でさえも荷物チェックがあったりコンサートホームに入る時もありましたよ。
人が集まるところでは必ずやってるのかな?と、おもうほど。
ただ精度の方は???って感じがしましたが。
その他には、地下鉄のホームには人が線路に落下しないようバリケードのように作られていました。
(写真がそのホームです。)

車やバイク・歩行者も日本のようにルールを守ってる感じではなかったので、バリケードのようにお金を使って物理的に安全を確保しようとしてるのかな?と感じました(個人的見解)

とにかく文化の違いをいろんなところで感じれたのも良い経験になりました( ´ ▽ ` )ノ

しゅんすけ@工房

2016年

11月

07日

社員旅行で上海に行ってきました!!

社員旅行で、2泊3日で上海に行ってきました。

個人的に上海初上陸なので、見るものすべてが新鮮でとてもドキドキしました。

 時間通りに書いていきたいと思います。

 

1日目

カルフール散策

初日に空港について、ホテルまで行きそれから地下鉄に乗って、カルフールという巨大スーパーマッケットにいっていきました。

カルフールを知っている人からは

「地元のおっきいスーパーだよ。」

と聞いていたので、イオンみたいな感じかなー?と想像していたら、全然巨大な規模でびっくり・・・。

ぐるぐる歩き回って、とりあえず最上階(8F)まで行ったろ!と思い最上階に着く頃にちょうどお腹がすいてきたので、上海初の食べ歩きをする事にしました。


1軒目は、辛そうなラーメン(紅焼牛肉手工拉麺)を食べました。ラーメンはさておき(見た目通り激辛)、今回上海で入ったすべてのお店のオハシもだいたい同じだったんですが、日本のオハシと違って、先っちょが太目で全長が長いのが、特徴みたいです。ちょっと違うだけで、こんなに使いにくいものなんだな。と実感しました。

2軒目は、小籠包を頼んだつもりが、どうも餃子?を頼んでしまったらしいです。でもうまかった!4つで5元(約80円)は激安!

 

食べ歩いていたら、丁度集合時間になってしまったので、カルフールから予約していたコンサート会場へ地下鉄で移動しました。

コンサート

コンサートはSHANGHAI ORIENTAL ART CENTERという会場で、

DRESDNER PHILHARMONIE(ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団)

指揮 MICHAEL SANDERLIN

ピアノ DAVID FRAY

上海でしたが、ドイツのドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートに来ました。

 

 

 

 

 

 

ピアノはスタインウェイで、会場に着くと丁度ぽーんぽーんと音が聞こえて来て、現地の方が調律されていました。

 

 

 

演奏はとてもダイナミックでいて心地よく、非常にいい演奏会でした。

ひとつ気になったのが、身長の高い方が座る為の椅子がなかったのか、同じ椅子を重ねていて、ピアノを弾いていると椅子がぐらぐら動いているように見えて、なんかヒヤヒヤしました。

帰りの地下鉄

上海は地下鉄が発展していて値段もとても安く、地下鉄でどこでも行けそうな感じでした。

2泊3日の移動(ほぼ地下鉄移動)で、30元(約480円)しかかかってなかった事にとても驚きです。

2日目

ミュージックチャイナ

今回の旅行のメインのミュージックチャイナにやってきました!

上海新国際博覧中心というどでかい会場で、さまざまな楽器の展示があり、1つのどでかいブースが学校の体育館より大きくて、それが合計10個もあり、ピアノだけで2ブースありました。

国内外のピアノメーカーが出店していて、ほとんどが中国のピアノメーカーで、中国のピアノメーカーの勢いに圧倒されっぱなしでした。

 

入り口をブースに入るとまずドドーンとスタインウェイのブースが出てきました!

とても見た目が華やかで派手なピアノが多く、特に赤いピアノが多かったように感じました。

インパクトがすごいものが多すぎて段々見ている内に麻痺してきたのか、最初はパシャパシャ写真を撮っていたんですが、気づけば後半ほとんどシャッターを切る事がなくなっていました;

工具屋さんの出店もあり、自分用にお土産、と思い買ってきました。

 

上から

フェルトピッカー伸縮式

360元(約5800円)

真ん中

UPスプリングアジャスター

40元(約640円)

GPジャックスクリュードライバー

25元(約400円)

合計約7000円と激安・・・

中国では値段交渉するのが結構当たり前と聞いていたので、せっかく中国に来たしやってみよう!!と、ダメ元で値段交渉してみたところ・・・

 

自分「このピッカー350元にしてください!」

中国人の定員さん「駄目あるよ」

自分「・・・」

 

と、ここで隣にいた先輩が、

 

先輩「俺もピッカー買うから2本で、700元にしてください!」

中国の定員さん「いいあるよ!」

自分「心の声(うおおおおおおお!先輩GJ!!!!」

 

先輩のおかげでなんとか値段交渉成功し、安く買える事が出来ました!

ありがとうございます。

 

日本に帰って、これを日本で買ったらいくらぐらいなんだろう・・・とざっくり調べてみたところ

 

フェルトピッカー伸縮式約3万・・・

UPスプリングアジャスター約3000円・・・

GPジャックスクリュードライバー約3000円・・・

 

 

((まだどの工具も使ってないので、ちゃんと使えるものかどうかは定かではないです・・・))

 

豫園観光からの新天地


3日目は豫園に観光にきました。

豫園はいかにも中国にきた!みたいな建物がたくさんあり、見ているだけで楽しかったです。

ライトアップされた豫園はとてもキレイでした!

 

そしてお目当てだった、小籠包にありつけました。

ほっかほかで、中から旨い汁が溢れ出してきて、とっても美味しかったです!

 

小籠包につけるタレ?は、お酢で、日本ではないような結構くせのあるニオイをしているお酢でした。

 

豫園から、新天地に移動して、社員全員で夕食を食べました。

普段はお酒をあまり飲まない社員も今日は無礼講とばかりにたくさん飲んでいて、普段とは違う感じで、みんなでワイワイ楽しかったです。また仕事を頑張って、みんなで社員旅行に行けたらいいなーっと思いました。

0 コメント

2016年

11月

07日

上海へ社員旅行②

話は前後しますが、旅行の初日(10/25)は、上海オリエンタルアートセンターにてオーケストラを鑑賞してきました。

やはり調律師の集まりですので、みんなそれぞれホールの響きや演奏の内容と色んな角度から見て聴いて意見を出し合っていました。φ(□□ヘ)ナニナニ?

そんな中個人的にとても気になったのは、ピアニストの椅子が高さ調整の出来る椅子ではなく椅子を2個重ねて高さを調整していた事です(; ̄O ̄)
1枚目の写真が椅子の準備をしているところです。
日本では有り得ないのでは?と驚いたのと同時に、演奏者は中国人ではなく…
その椅子を提供する側も受け入れる側も日本人とは感覚が違うのかな?と驚きを隠せませんでした。
よくよく見ると、オケの演奏者の中で背の高そうな人は椅子を重ねていたので、ここではそれが普通なのかな?と思う程。

ピアニストが気持ちよく弾いて後ろに仰け反った時に椅子が動いているように見えてヒヤヒヤしてましたσ(^。^;)

あとは、演奏後の観客の喜びの表現の仕方にも国民性を感じました。

街を歩いてもコンサートを聞きに行っても外食しても、何をしても文化の違いって感じれるんですね(笑)

まだまだ上海旅行記は続きます( ´ ▽ ` )ノ

しゅんすけ@工房


2016年

11月

05日

上海へ社員旅行①

10/25~10/27の間、社員旅行で上海へ行ってきました。

中国(上海)国際楽器展覧会と中国オリエンタルアートセンターでクラシック鑑賞に行ってきました。

少しづつブログ等でご紹介していきますね。

まずはインパクトの強かった上海国際楽器展覧会です。
世界中から色んな楽器が集まっています。
僕らはピアノの調律師ですので、ピアノを集中的に見てきたのですが、メーカーの多さ・中国経済の勢い・現地会場のスケール・人の多さといろんな部分で圧倒されてしまいました。

今の日本では考えられない程、メーカーがあり中国の勢いをリアルに感じました。
聞いたこともないようなメーカーが沢山あり、見たこともないようなピアノも沢山あり何を見ていいのか分からなくなるレベル(;^_^A
勿論老舗メーカー・世界的なメーカー・日本でもお馴染みのメーカーも展示してあります。

各メーカー見て欲しい機種を展示してあるわけですから最先端な楽器が並んでいるのですが、同じ事をしていては老舗には勝てない!と言わんばかりのピアノがズラリと並んでいました。
写真はそんなピアノの1つですが、

見た目で勝負!
インパクトが大事!
目立ったモン勝ち!

そんなピアノです。
黒鍵が黒くないので黒鍵とは言えませんね(笑)

このようなピアノは、傷が付いたらどうやって直すんだろう?
部品交換かな?
部品の供給してくれるのかな?

と修理している立場上そのような見方をしてしまいますσ(^。^;)

音に関しては周りが多種多様な楽器の音・人の声・騒音でまともに聞けません。

音に関してはコメントできませんが、相応にしてこのようなピアノは…
多くを語ることはやめておきます(^◇^;)

まだまだ、色々見てきたので、続きは次回で(^-^)/

しゅんすけ@工房




2016年

10月

22日

ヤマハピアノ GP修理 その8

フレームを本体に乗せると、大きなネジでフレームと本体を固定します。
その後、必要なフェルト類や小物のパーツを磨いたり必要であれば新品に交換したりして張弦作業に入ります。
もちろん弦圧調整もしますが、専門的すぎるので割愛しますね(弊社のホームページに載せてあります)

ドイツ製の弦を使用して張ってきます。

既に新品らしい輝きを放っているので気持ちいいですね(´-ω-)ウム

あとは、音が出るのが楽しみですが、もう少し先になるんだなぁ(;^_^A

しゅんすけ@工房

2016年

10月

17日

ヤマハピアノ GP修理 その7

フレーム塗装も終わりピアノ本体にドッキングしました。。。

とても綺麗になり屋根を開けた時のピアノ演奏者から見たピアノの内部の光景が見違え、弾くのが楽しくなるのではないでしょうか?

これからピアノ弦を張っていきますよー(๑و•̀ω•́)و 

ちょっと今後の反省ですが、自分達の記録の為に写真を撮っているので、お客様やブログを見て頂いている方が何の写真か分からない写真が多く写真選びに苦労しています(。-人-。) 

しゅんすけ@工房

2016年

10月

16日

ヤマハピアノ GP修理 その6

ブログのサボり癖よくありませんねσ( ̄∇ ̄;)

ピアノ修理は終わっているのにブログが進まない(>人<;)

早速修理内容に進みます。

響板・外装塗装だけでなくフレーム塗装もあるんです。
写真を見ていただけたら分かると思うのですが、長年の汚れが…(ノ∀`)アチャー

この写真に写っている所は、ピアノの持ち主様の目の前にある部分なので
「持ち主様がお掃除すればいいのに」
と思われる方も居るかも知れませんが、写真をよく見て想像してみてくださいり
無数に広がる穴はチューニングピンが刺さっている穴で、そこからピアノ弦が張ってあります…
(分かりにくいので後日写真を貼りますね)

ピンと弦が邪魔でとてもお掃除出来ない場所ということです。
オーバーホールをするという事は、普段手の届かない部分まで綺麗にお掃除したり塗装したり部品を新品に変えたりと、まさにピアノを蘇らせる大仕事となります。

音が出てるし。
音が止まってるし。

車でいうと走ってればいい。
止まればいい。
こんな感じでしょうか?

車と違って長年使い続けることが出来るピアノです。車を大修理せずに長年使い続けたらどうなるか想像してみてください。((((;゜Д゜)))

ピアノは車のように10年ごとに買い換えする訳では無いのですが、ラッキーな事に修理や調整・良い管理をされていれば長年使い続けることができます。

長い間良い状態で使い続けてあげてくださいね!
d('∀'*)

まだこの修理のブログは続きます(笑)

しゅんすけ@工房







2016年

9月

15日

ヤマハピアノ GP修理 その5

響板塗装したら乾燥している間に、外装塗装に取り掛かります。
今回のピアノはつや消し塗装になりますので、ホコリ対策が必要です。

もちろん当社の塗装ブースは、内圧が高めにしてあり外からホコリが入らないようになっているのと空調が上から吸気した空気が降りてきて、排気が下部から行うためホコリの舞うリスクを極力なくすシステムとなっています。
それでも、人の衣類や人の動作によってホコリが舞う事はあるので、大きな面の塗装は吊った状態で塗装します。

つや消しはコホリが乗ったらやり直しになるので神経を使います。(´-ω-)ウム

しゅんすけ@工房

スタインウェイS型の整音作業です。

調律師の仕事には主に調律、整調、整音とありますが、最終段階で行われるのが整音です。    文字通り音を整えるわけですが、いくらキレイな調律が出来ていてもこの整音が出来ていなければそのピアノは台無しです。  整調も同じことが言えますが、パソコンで文字を打っていても調律の変換はすぐでてくるのにセイチョウ、セイオンは変換がすぐ出てこないようにあまり周知されていないのが現状です。 3つ作業全て大事です。  J

過去の近況報告は こちら

本社ブログ

お子様も楽しめるスペース♪ (月, 05 12月 2016)
>> 続きを読む

★クリスマス ミニコンサート★ (日, 04 12月 2016)
>> 続きを読む

試弾会開催中!!! (金, 25 11月 2016)
>> 続きを読む

試弾会コンサート♪ (木, 24 11月 2016)
>> 続きを読む

「スタインウェイ”ファミリー”ピアノ試弾会」始まりました! (水, 23 11月 2016)
>> 続きを読む

お知らせ・イベント情報一覧

スタインウェイアカデミー 認定技術者 在籍

一級ピアノ 調律技能士 在籍

在籍工房

日進工房情報

 

会社名 : 株式会社名古屋ピアノ調律センター日進工房

日進工房住所 :〒470-0124 

愛知県日進市浅田町上ノ山1-1

TEL/FAX.: 052-808-0273

E-mail.: nagoyapiano.ko-bo@nagoyapiano.com

本社へのリンクです
本社へのリンクです

本社では、【新品、中古ピアノ販売 ・ 買取り・ ピアノ修理 ・ 調律 ・ ピアノ運送】と、ピアノに関することはなんでもやっています。

お気軽にお越しくださいませ。

 

本社住所: 〒468-0011

愛知県名古屋市天白区平針四丁目2109番地

Tel: 052-802-1155

Fax: 052-802-1157

Email: info@nagoyapiano.com

URL:http://www.nagoyapiano.com/

カテゴリー

すべての近況報告 記事一覧へ