HOME 近況報告すべての月


近況報告

近況に起こったNEWSをお伝えしていきたいと思います


古い中古ピアノ 弦交換

これだけ響板のニスが変色して埃がこびり付いて居ますが、ピアノ弦をせっかく交換するので古いニスを剥がして塗装し直します
道がいるほど綺麗になりますよ(*^^*)
ご自宅のグランドピアノの響板は綺麗な状態を保っていますか?
しゅんすけ@工房

鍵盤 魅惑的な白さ?

真っ白な歯の人って素敵ですよね!!(突然)

歯が綺麗なだけで一気に好印象になることってありませんか?輝く白い歯、素敵。


それはピアノも一緒なのです•̀.̫•́✧

正面から見たときに見える鍵盤の前面部。本来は白鍵盤の上面と同じように真っ白なのですが、年月が経つとだんだん色が変わってきてしまったり、時には変形してしまうことも……。


でも大丈夫。そんな時は弊社にお任せあれ•̀.̫•́✧


作業前と後で比較してみました。

茶色くなってしまっていた鍵盤の前面も、こんなに真っ白になります!

錆び付いていた鍵部分もピカピカに磨いたので、見違える程綺麗になりましたʕ•̀ω•́ʔ✧

同じピアノでも、この部分が綺麗になるだけでガラッと印象が変わりますね(*´ڡ`●)


みなさんのお持ちのピアノは真っ白で魅力的な鍵盤になっていますか(^^)?



おがた

本日の修理 ヤマハピアノ NoU2 クリーニング修理♪


ヤマハピアノのアップライトピアノのU2が入ってきました!

磨きクリーニング修理です。


修理前



長年の埃やよごれが染みついています。


磨きクリーニング後


すべてのパーツを研磨しました。

古いピアノですが、しっかり艶が出て、綺麗に蘇りました♪

長年クリーニングしていなくても、しっかり修理すれば直りますので、ぜひご相談下さい。

 

スタインウェイ 中古ピアノでも

工房にスタインウェイのC型が入ってきました
中古とはいえスタインウェイです
存在感がありますし、緊張感も出てきます
(´-ω-)ウム
現在、最終整音も終わりもう少しで展示される予定です
また1台ショップにスタインウェイが仲間入りしますよ(*^^)v
しゅんすけ@工房

本日の修理 WX5AWnC 塗装 クリーニング 修理


工房にYAMAHAピアノのWX5AWnC が入ってきました。

作業内容は、外装全塗装の修理です。

YAMAHAのWX5AWnCの外装は、色物の艶消しピアノになりますので、バフ掛けなどできない為、すべて塗装での修理になります。

外装全塗装修理と言っても、しっかり、内部、背面の掃除や、中のピンや弦などの金属部分の錆び取り、鍵盤クリーニングを行っています。


修理前


画像クリックで拡大できます。

外装が所々溶けているような感じの部分や、すり傷あて傷、めくれも見受けられます。

金属部分もくすんでしまっているので、研磨していきたいと思います。



修理後


画像クリックで拡大できます。

いかがでしょうか?

外装の艶感も蘇り、溶けた感じの傷やすり傷も新品同様に蘇りました。

金属パーツもピカピカになり、とても輝いています。

修理依頼していただいたお客様も大変満足していただいたようで、こちらも安心致しました。

古くなって傷だらけになっても、塗装することにより、しっかりと修理すれば、ほぼ新品同様の外装に戻す事ができますでので

修理をお考え中の方はぜひご相談ください♪


1 コメント

黒鍵貼り替え

中古ピアノをオーバーホールしています
その際、黒鍵をアクリルから天然黒檀に交換するので、アクリルを剥がしているところです
しゅんすけ@工房

中古ピアノをリニューアル

お気づきでしょうか?
黒鍵が剥がされていますね
当社ではオーバーホールする場合、黒鍵をアクリルから天然黒檀に交換しています
それだけではなく、ヒビの入っている白鍵も交換していきます
今回のピアノは全鍵盤貼り替えです( ー`дー´)キリッ
リニューアルピアノと言ってもどこからどこまでやるかはピアノ次第ですが、オーバーホールとなると徹底的に手を加えていきますよ(´-ω-)ウム
しゅんすけ@工房

中古ピアノ 塗装 ここまでやるんです

ピアノを使用していると物を落としたりぶつけたりして傷がついてしまうことがありますよね(><)
また経年劣化によって塗装面にヒビ割れが入ったりくもって艶がなくなってしまうこともあります
そのようになっても再塗装すると新品のように蘇ります。
古くなったからしょうがない。もう昔のように輝きを取り戻すことは無い。と諦めている方が居たらぜひこのブログを読んで頂けたら!と思います。
写真のピアノは塗料を全て剥ぎ下地から塗装することにより完璧に仕上がります(*´罒`*)
ここまでやれるのが当社工房の強みです
写真のピアノはアップライトピアノですが、たくさん分解してるので原型が分からないでしょ?(笑)

ご自宅のピアノはピアノらしく輝いてますか?
しゅんすけ@工房

中古ピアノ ヤマハ W103

中古ピアノは、欲しい物がいつでも入ってくるとは限りません。
出会いと同じだと思います。
「あ!これがいい!」
と思ったのが見つかっても先客により売却済みとなったりする事もあります。
ただ、当社の在庫にあればすぐ作製することも可能な場合もあるので、スタッフにご相談ください
(*^^*)

今はヤマハ  アップライトピアノ【W103】を
全塗装の下準備しているところです。
しゅんすけ@工房

中古ピアノ オーバーホール品

中古ピアノをお探しの方
とても多いと思います
当社では新品のようにオーバーホールを施して販売しています
使ってある木材やパーツ
コストのかけ方も今と昔では違いがあるのも事実です
新品の良さ
中古の良さ
色々考え方はあると思いますが、当社は
「このピアノはオーバーホールしたら良くなる!」
とたくさんのデータの中、自信を持って作業していますので是非その違いを感じてみてください!
(´-ω-)ウム
写真はピアノ弦の交換の様子です。
ピアノ弦を綺麗にピンに巻き付けてあるとあとの作業がスムーズに進みます( ー`дー´)キリッ
しゅんすけ@工房

中古ピアノ つや消し塗装

中古ピアノで人気なのが木目調のピアノです
特につや消しピアノが人気なので、工房では日々つや消し塗装に追われています(*^^*)
もちろんお客様のピアノの修理も承っていますので、担当の調律師やお店のスタッフにご連絡ください。
当て傷や擦り傷・色褪せと色々ありますが、綺麗に塗装させていただきます。
つや消しピアノは磨けないので塗装にて対応するのでご理解願いますm(_ _)m
しゅんすけ@工房
0 コメント

中古ピアノ 塗装の下準備

中古ピアノは、もちろん使用による小傷が付いているので磨きますし、場合によっては塗装も施します。
写真は塗装の下処理をした後のマスキングしている様子です(*^^*)
この後塗装に入ります
写真は新人の子が初のマスキングしている様子です。
どれどれ( *¬ω¬)

しゅんすけ@工房

羊と鋼の森 ピアノ調律師の映画

ピアノ調律師が主人公という今までに無い映画が6/8である昨日公開されたので、早速タイミングの合う会社仲間と見に行ってきました
調律師なら行くしかないですよね(*´罒`*)

ネタバレは良くないので、個人的感想を書きたいと思います。

まず、戦闘シーンやSF超大作でも無いので映画館じゃなくてもイイんじゃね?と思っている方は多いのではないかな?と思うこの映画ですが、そこは調律師が主人公というだけあって、音にはとても拘りを感じました。

雪の上を歩く音・ピアノに触れた時の音・ピアノの蓋を開け閉めした時の音・調整している時の工具と工具がぶつかる音・ピアノと工具が触れ合う音・当然ピアノの音・森で葉と葉が擦れる音や枝と枝がぶつかる音

とにかく音声・音響さん達の拘りを色々なところで感じました。
調律師が普段よく耳にする音など、当たり前のように聴き逃してしまいそうな音もよく拾ってありました。
全体的には静かな映画です。
調律師であれば色々経験するであろう場面や状況を想像していたより、てんこ盛りな内容でした。
ここまで調律師に寄り添う内容だと一般の方はどれくらい理解出来るのかな?と思う反面、ピアノ好きな人に何か伝わるものがあるんじゃないか?とも思える映画でした。
ピアノ調律師というと技術的な事や理論とかを盛り込んでいるんじゃないかな?と思っていましたが、その辺はほとんど技術的な話には触れず、調律師の難しい世界をうまく表現出来ていたのではないかな?と感心しました。
音に対する世界観やピアノの音をどのように求められるのか。その世界観を技術の話をほとんど無しで表現している辺りが、監督の腕の見せ方なのかな?とも。
あまりダラダラと書いても、この映画は人それぞれの捉え方がある映画だと思うので、ここまでにしておきます(^◇^;)

先に述べた通り、個人的にはあの音に拘ったと思われる映画なので、テレビのスピーカーで聞くより映画館で音の世界に浸ってみるのもいいのではないかな?と思いますので、ぜひ映画館で見てほしいなぁと思いました!

しゅんすけ@工房
0 コメント

バフで始まり… 中古ピアノ

中古ピアノは、当社の場合まず買い取りをすると工房に入ります

当たり前のように綺麗な状態で売られているピアノですが、この工房にて我々が1台1台・1パーツ1パーツ丁寧に磨き上げています
必要であれば当然塗装も施します

内部を全部分解したり弦の交換等、カッコ良い仕事はその中の一部であり、まずは外装磨きが基本作業になります
お客様が1番分かりやすいのも外装なので、とても厳しい目で評価いただいていると思っています。
いつも内部の事ばかり書いているので、たまには基本であり地味な作業ですが、1番体力的にもしんどい外装磨きの様子をお伝えしました(笑)
(๑و•̀ω•́)و ガンバル!!

しゅんすけ@工房

グランドピアノ キャスター

グランドピアノのキャスターを磨いています
ご自宅にあるキャスターは輝いていますか?
こういうパーツって、知らないうちに少しづつ変色していくので気づかないですよね(´-ω-)ウム
写真のように磨けばピカピカに蘇ります
鍵盤蓋のロゴも同じことが言えます
グランドピアノは内部の調整がしっかりしてあって初めて良いタッチ・良い音が出せるので、工房に入れて調整する際は外装磨きと同時に作業をする事をお勧めします
外装も新品のように蘇りますし、キャスター等の金属パーツも綺麗に輝きを取り戻しますよ(*´罒`*)
しゅんすけ@工房

古いアップライトピアノ 修理

とても古いアップライトピアノの修理を行っています。
お客様の予算に合わせて作業いたしますよ(*^^*)
何でもかんでも直したいのは誰しも思う事だと思いますが、それだと当然予算も上がります
そこで相談して頂きたいのが当社スタッフになるのです。
もちろん毎年調律に伺っている担当の調律師に相談するのもGoodですd('∀'*)
全員調律師ということもありお客様のピアノを拝見し必要な修理内容をご提案させていただきます
もちろん予算を教えて頂ければ、その予算の中でどのような修理をするべきか最善の判断をします。
お客様のイメージで「〇〇の修理をして欲しい」というご依頼ですと見当違いな事も多々あります。
外装に関しては見た目ですので、倒したいところを言っていただければ対応いたします。
お気に入りのピアノを自分の子供達や親戚や知り合いに譲る際も修理をして渡したいですよね。
もちろん、大人になってもまたピアノやりたい!って時にもオススメです(*^^*)
迷ったらまず相談してください( ´ ▽ ` )ノ
電話(052-802-1155)・メールFacebookInstagramTwitterと色々やっていますので、気軽に使いやすいところからでOKですよ(>▽<)b OK!!

しゅんすけ@工房

グランドピアノ コレなんだ?

これはグランドピアノのあるパーツです。
これはダンパーガイドレールというダンパーのワイヤーを通している部分です
見ようと思えば見れるかな?
マニアック過ぎるので、何のことか分からなくていいんです。
こんなお客様から見て何のことか分からないことが沢山あってそれがこのように丁寧に作業されることで良いピアノかそうでないピアノの分かれ道になるわけです
見えないところの大事さを感じて頂きたいので、ネットで購入するのではなく実際に試弾しに当社ショップにお越し頂きたいと切に願います(^人^)
ちなみに、この写真のパーツで交換している赤いクロス。これを交換した事ある調律師さんは意外と少ないと思いますよ(´-ω-)ウム

しゅんすけ@工房

アルコールランプ

ピアノの調整にはたくさんのマニアックな工具を使用してピアノの調子を整えていくのですが、そんな中アルコールランプも使用します。
ピアノは木材を使用しているので、木が捻れて正しい位置に無い事が起こります。
そういった場合、このアルコールランプを使用して正しい位置に捻り直します。
当然火気厳禁であるホールなのではアルコールランプに変わる熱を発生する工具にて対応します。
アルコールランプの場合、暖まる時間を待つこと無くすぐ作業に取り掛れるというメリットと、やはり高温ですし電気コードも無いので取り回しも楽で作業効率が良いところが特徴です。
弊社では、火気を扱うわけですので細心の注意を払うだけでなく、写真のような専用の台を使って周りへの安全性を高めています。
こういう台も手作りなので愛着も湧いてきますね(*^^*)
しゅんすけ@工房

グランドピアノ オーバーホールの仕上げ

オーバーホールも完成したら、最後に専用のアイロンを使ってハンマーの毛羽立ちを整えます。
ハンマーだけではなくローラー部分も同様です
この毛羽立ちは馬鹿にできません
隣同士の毛羽立ちが触れ合うことで鍵盤の重量に変化が出ます。
タッチの微妙な重さが変わるといえばわかりやすいでしょうか。細かい話ですが、そのグラム単位まで計って調整しているので、この毛羽立ちですら敏感に感じ取れます。
ハンマーの見た目を綺麗に整える事も当然ですけどね(*^^*)
しゅんすけ@工房

ピアノ探しの参考にどうぞ

当社は自社のアピールが得意な会社ではありません(;^_^A
職人気質で恥ずかしがり屋が多いからかな?(^◇^;)
そんな時に僕らの励みになり、これからピアノ探しをしている方の参考になるのではないか?と思うのが当社のホームページ内にある【お客様の声】だと思っています。
これはお客様本人に直筆で書いて頂いているのが多くリアルな声になっています。
工房で働いていると僕らの手掛けたピアノをどのような想いで購入していただけたのか?
当社の販売員のピアノ愛がお客様に伝わっているのかな?という面が分からないことがあるのですが、ここを見ると伝わってきます(*^^*)
僕ら自身もここを見て喜びを感じてるのはここだけの秘密です(*´罒`*)
なかなかお客様の喜んでる姿やお言葉に触れることの出来ない工房組ですが、こうやってリアルな声を見る事で、また明日からの活力になっています
(๑و•̀ω•́)و ガンバレル!
ぜひお客様の声を参考にしてみてください
下にリンク貼っておきますね!

しゅんすけ@工房

ヤマハピアノ GP修理

ヤマハのグランドピアノ修理に取り掛かっています。
弦やピンを取り外し、クレームまで取り外しました。
ここまで分解すると普段出来ない所まで掃除できますね(*^^*)
今回はフレーム塗装や響板塗装も行うので、塗装前の下処理も同時に施します。
古いピアノでもここまで手を加えると完成した時には新品のように綺麗に蘇りますよ(*´罒`*)

しゅんすけ@工房

グランドピアノ ダンパーフェルト交換

グランドピアノのダンパーフェルトを交換しています。
ダンパーは車でいうブレーキのように音を止める役割を果たすのでとても重要なパーツです

今まで馴染んでいたフェルトから新品に貼り替えるので調整も普段より大変ですが、しっかりまとまった時はそりゃぁもう気持ちいいもんです(*^^*)

しゅんすけ@工房

外れちゃいけない

この写真のパーツ…
本来は接着剤にてガッチリ接着されているパーツですが、年月が経つとこのように外れてしまう事があります。
こうなってしまうとトラブルしか起きません。
このパーツに関しては音が出なくなるのですぐ分かるのですが、その他も色々な部分が写真のようになる可能性を秘めています。

もちろん、年月だけでなく管理状況が劣悪だと同様の事が起こりえます。

定期調律では早期発見は出来ても管理はお客様自身でやって頂くしかありません。

病院に行けば健康になるわけではなく日々の食生活や運動で健康が保たれるのと同じで、ピアノは毎年調律やるだけでは良いパフォーマンスを維持できるとは限りません。
日々の湿度・温度の管理もよろしくお願いしますね(*^^*)

しゅんすけ@工房

IT事業部。。。?

時代の流れに乗って、IT事業部を設立しました…

というのは冗談ですが、ピアノというアコースティック商品を取り扱っているとはいえ、ホームページやメール・LINE・デジタルカメラ・スマホとIT機器無くしては今の時代仕事になりませんよね(;^_^A

そこで、工房にあるパソコンをアップグレードしています!!
パソコンを買い換えるなんて勿体無い!
ここは必要なパーツを交換して対応します。
この辺の感覚は職人のようなアナログ的感覚に近いのかな?(笑)
しゅんすけ@工房

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いしますm(_ _)m

今年のお正月休みは、今までで最長の連休をいただきました(*^^*)
そんなお正月休みですが、
息子がインフルエンザ→水疱瘡
長女が風邪
と全く出掛けることの出来ない休みとなり残念でした(T_T)

自宅に居るとなると、やりたかった事が溜まっていたのでWi-Fi環境の改善等こういう時にやっておきたい事をまとめてやれたので、どうにか家を出ることの出来ない休みを過ごすことが出来ました(^◇^;)

そんな中、自宅で出来る趣味があると楽しめただろうなぁっと思う休みだったのですが…
もうお察しの方もいらっしゃるかな?(笑)
そうです。
そういう時こそピアノなんですm9( ゚Д゚) ドーン!

音楽を奏でて心を癒し、時には音楽の世界に入り込み集中力を高める。
色々なことが自宅で出来てしまいます。
外でアクティブな趣味を持つ事も良いですが、今回のような外に出れない連休になるとその趣味も楽しめません。
ピアノは自宅でゆっくり楽しめる最高の趣味だなぁと今回の連休で体感しました(^◇^;)

皆様も体調にはくれぐれも気をつけて頂き、ご自愛下さいませm(_ _)m

しゅんすけ@工房

ヤマハW109B塗装修理

W109Bが工房に入ってきました。

チーク艶消し仕上げのピアノです。

鍵盤蓋に、何か物がおいてあったような日焼け跡が結構あります。

日焼け跡は塗装での修理になります。

作業開始します。


修理前


分解して、ペーパーをかけて塗装していきます。


塗装修理後


日焼け跡も全く無くなりました!

金属類も研磨してピカピカに仕上げました。

新品同様に生まれ変わりました♪

艶出しピアノと違って

艶消しピアノの場合、ほとんど塗装での修理になります。


家にある艶消しピアノで

 

傷が多くて直したい!

 

日焼け跡が気になるので直してほしい!

 

ここの傷は思い出があるから残して欲しいけど、こっちは修理したい!

 

など、ご要望があればできるだけ対応致しますので、ご相談ください。052-808-0273

 

 

工房ならでは

工房では、必要となった工具を自分で作ったりカスタムする事が出来ます。
自分のオリジナル工具には愛着がもてますし、何より使いやすいよう加工できるのが良いです(*^^*)
ピアノパーツでも自作する事も可能だったり。

工房があるとプライベートで困った時にも助かったりするので心強いです(๑˃̵ᴗ˂̵)و 

しゅんすけ@工房

修理と言っても。

修理と言ってもピアノの場合
外装磨き
塗装
ピアノ内部の調整
音作り
弦やピンの交換
ハンマー等の内部パーツ交換
鍵盤の調整
etc…
と多岐に渡ります。
全ての工程を熟す調律師は実は少なく、調律師だからと言ってピアノの事を全て出来るとは限りません。
出来たとしても、経験量に限界があったりします。
そういう部分を補えるのが、当社のように沢山の調律師が居る会社のメリットではないでしょうか?
たくさん調律師がいても工房を持っていなく、お客様宅で調律するのがメインとなる会社では修理技術にも限界があると思います。
オーバーホールまで行うことが出来るというのはとても大きな事で、ピアノの事なら何でも来いщ(゚Д゚щ)
という強みがあるのが弊社の武器ですので、何でもご相談ください。
写真は、グランドピアノの外装磨きの様子です。
しゅんすけ@工房

ピアノ 筆塗り

場所や予算に寄っては塗装ではなく筆塗りを行うこともあります。

写真のピアノは、ところどころ色が剥げてしまっていたので、筆にて対応いたしました。

塗装となるとコストがかかる上に、仕上がりに大きな差がないので、そういう場合は筆塗りを選択します。

何でもかんでも塗装していては値段が高くなるだけです。状況判断はこういうところでも必要になりますね(*^^*)

しゅんすけ@工房

虫食いとか、よくあるんですよ

写真の鍵盤ですが、赤いクロスが貼ってあるのがわかるかと思います。
なんだかボロボロですよね。(; ̄O ̄)
これ、虫に喰われた跡なんです。
こうなってしまうと鍵盤の動きがガタガタになってしまい弾き難いだけでなく、その他のパーツにまで悪影響が起こります┐(´д`)┌ヤレヤレ

という事で、全鍵盤貼り替えることになりました。

毎年の調律は、調律だけでなくこのような事態を防ぐ効果もあるので毎年調律してしっかりチェックしてもらいましょうね(´-ω-)ウム

しゅんすけ@工房

フレーム外し

グランドピアノのフレームを外してます。
大人が大人数かけて持ち上げるという方法がありますがとても危険ですし、何より安全にやるには人手も沢山いります。

弊社工房だと写真の通り1人で楽に持ち上げれます
(*^^*)

何度もブログでフレームを外すところ載せている事に気付く今日このごろ(;^_^A

工房にいると常に作業しているので、インパクトあるのを書きたくなるんですよね(´-ω-)ウム
時には地味な作業でも載せてみるかな…

次回は地味な作業の様子を載せますね( ´ ▽ ` )ノ
しゅんすけ@工房

ピアノが裏返し?

必要であればグランドピアノを裏返して作業します。
裏返すことによって普段よりもやりやすくなる仕事があるんです。
それはグランドピアノの裏側のお掃除(*^^*)
ピアノは支柱という柱が数本あるのですが、その裏側を掃除するのは寝っ転がってグランドピアノの底に潜り込みながら拭きあげるのでとても窮屈です(;^_^A
作業によりたまたま裏返すのですが、こういったオマケのメリットがあると得した気分ですよね(*^^*)
しゅんすけ@工房

夏です。グランドピアノ磨いてます

夏場の工房内は日陰とはいえ風もないので熱が篭もります

僕はよく汗をかくので頭にタオルを巻いて日々外装磨いてますよ!(*^^*)

内部の調整や整音作業神経を使いますが、外装は体力仕事。水分補給しながらピカピカに磨いてみなさんの笑顔が映り込む綺麗なピアノに仕上げていきますね
(๑و•̀ω•́)و ガンバル

しゅんすけ@工房

劇的!!色物ピアノビフォー・アフター!!!


YAMAHA U5 修理


上前カバーの日焼けが凄く、跡がついてしまったり、色がムラムラになってしまった為、修理したいという事で、塗装する事になりました。こうゆう日焼け跡は、塗装しないと修理する事が出来ません。

 

作業開始していきます。


修理前


低音側

特に日焼けがひどく、元の塗料の色がなくなっていました。

正面

YAMAHA の文字や蝶番類も錆びてくすんでいます。

高音側脚

オシャレは脚元から…



修理後


低音側

日焼けもなくなり、U5本来の色合いになりました♪

正面

YAMAHA の文字や蝶番類もピッカピカですねー!

高音側脚

オシャレな脚元に生まれ変わりました。


日焼けもなくなり、新品のように生まれ変わりました!上前の日焼け跡も消えて、U5本来の色合いを取り戻しました。

 

お客さまの家にあるピアノでも

「上前のカバーの跡が気になる・・・。」

「ここの色が薄くなってるのが気になる・・・。」

「あて傷が多いので直して欲しい!!」

という方がいましたら、ぜひご相談下さい。

 

0 コメント

ハンマー取り付けたら整調作業

ハンマーの取り付けが終わると、いよいよ整調作業に入ります。

普段の作業と違い、色々なフェルト・クロス・スプリング・寸法・パーツが変わっていますのでなかなか大変な作業になります。

画像の作業はハンマーの高さ(打弦距離調整といいます)を調整しているのですが、右側はバラバラなのがよく分かると思います。
普段の作業ではここまでバラバラになってる事はまずないので、このように一つ一つの作業が普段とは異なります。
全作業をしっかりやっても、新品のパーツを使用しているので馴染むとまたバラつきます。
そしたら第2整調を施し安定させます。

地味な作業が続きますが、これも弾いてて気持ち良いピアノのためには欠かせません(*^^*)

しゅんすけ@工房

傷んでいれば全交換も!

写真はピアノ内部で鍵盤を外したところです。

鍵盤の収まっている筬という板で出来たパーツは、とても繊細な作り手なっています。

とても複雑な為詳細は書きませんが、その調整はピアノ調律師の仕事で、適正な調整を施しますのでご安心下さい。(この手の作業は放置されてる事も。。。)

今回はオーバーホールということもあるのですが、使える物は使っていきます。
しかし、虫喰いや経年劣化で交換が必要なものはしっかり変えていくのですが、長年使われていた物は誤差が少なく安定した状態という面では最高の状態とも言えます。
このように新品に変えてしまうと、しばらくの間多少の変化が起こるのですが、その状態をしっかり把握していくのも調律師の仕事になりますね(´-ω-)ウム

鍵盤数が88本もあるので、出し入れだけでも地味に時間がかかります(;^_^A

しゅんすけ@工房

ヤマハ グランドピアノのハンマー膠付け

ハンマーの穴あけ作業が終わり、側面加工も終わるといよいよハンマー付けです。

シャンクと言われるパーツ(棒)に穴あけしたハンマーを膠(ニカワ)という天然の接着剤で取り付けます。

硬化時間が速いため、素早い作業が必要なのと取り扱いに慣れていないと逆に苦労してしまう場合も(;^_^A

そこは経験ある職人によってテキパキと作業していきますよー(^ー^)ノ

すぐ接着できるので、作業もスムーズに進み無駄な時間がなく効率もgood( -`ω-)b

綺麗に取り付けできたかな?

しゅんすけ@工房

グランドピアノ ハンマー交換

グランドピアノの外装作業が終わり、ピアノの弦張り替えも終わると、次は内部の作業になります。

ハンマー交換に入るのですが、ハンマー交換と言ってもハンマーを注文して大体の角度で取り付けられた物をそのまま使用するケースが多いと思いますが、当社では1台1台寸法を測定し、角度を測り計算し自分達でハンマーの穴あけを行います。
当然メーカーかピアノの機種・サイズによって設計も変わってきます。

とてもマニアックな部分になるので詳細を説明しても分からないと思うので割愛しますが、このように自分達でしっかり作業することによりそのピアノに合った繊細な作業を施す事が可能となります。
(当然出来上がった物をそのまま取り付ける方が、作業する者としては楽なんですけどね(^◇^;))

写真は未加工のハンマーに穴あけしてるところです。
2枚目の写真はハンマーの側面を加工しているところです。
違いわかりますよね?

しゅんすけ@工房

グランドピアノ フレームと本体がドッキング

響板塗装とフレーム塗装が終わったので、弦圧調整等のマニアックですがとても大事な調整を施した後はいよいよフレームとピアノ本体がドッキングします
ドキ(*´ェ`*)ドキ

ピアノは重量物として知られていますが(ピアノ運送専門業者があるほど)、その大部分をこのフレームが占めています。

工房では専用の機械でも立ちあげるので1人でフレームを乗せることが可能ですし、怪我の心配もなく安心です。

ピアノ本体にフレームを乗せると専用の大きなネジでしっかり固定します。
それが終わるとフェルト系を準備しいよいよピアノ弦の張る作業に入ります!!

しゅんすけ@工房

古い塗装面でも!

とても古いグランドピアノの外装を磨いているところです。

写真は譜面台の左右にあるパーツを分解して磨いているのですが、このように磨けば光沢が出ます。

譜面台やこのパーツは譜面のスレ傷や小物を置いたりして小傷が多数ついて細かな傷が無数についてしまうところです。

古いピアノでも磨きあげることによって汚れが取れたり小傷も取れ綺麗に輝くことがありオススメです。

メーカーや年代によっては、特殊な塗料もあり磨いても艶の出ない塗料が使われていることもあるのが厄介なところですので、引越しの際や、お子様やお孫さんにご自宅のピアノを引き継ぎたい場合に1度磨いてみようとお考えの時はご相談下さい。

料金内で最善の作業内容を見極めてご提案させていただきますよ(*^^*)

しゅんすけ@工房

ヤマハピアノ 響板塗装

響板塗装しようと古いニスを剥がしたところ、ヒビ割れが多数見つかったので、その修理をしたところまででしたが、その修理が終わったので塗装の準備に入ります。

ヒビ割れの補修をしたので、その下地を綺麗に整える為ペーパー掛けを行ってます。
このペーパー掛けにより綺麗な仕上がりが左右されるので大事なのですが、響板も場所によって厚さが事なり何でもかんでも無闇にペーパー掛ければいいというものではないんです。
当然たくさんペーパー掛けると響板が薄くなってしまうわけですし(´-ω-)ウム

下地処理が終わると塗装に入りますよ(*^^*)

とここで余談。
お気づきの方は…居ないと思いますが、私の作業着を新調しました(*^^)v
工房で作業していると塗料が掛かったり、汚れたり穴が空いたり色々あります。
よくあるズボンではすぐ傷んでしまうので、作業着専用メーカで新調してみました。(丈夫かな?)

会社名なんか入れちゃったりして、会社愛全開です(*^^*)

しゅんすけ@工房

綺麗な外装

あっという間に2月です…

怖いですね(;^_^A

当たり前のように過ごしてる日々を味わっていかないと、新幹線の窓から覗く景色のように何にも気づかず過ぎ去ってしまうので、散歩のように

「あ!こんな所にこんな雑貨屋さんあったんだ!」

と小さな発見をたくさん出来る日々にしていきたいと思う今日このごろですσ(^。^ )

そんな時目の前に

「お!こんな所に巨大な鏡が!」

と言わんばかりの大きなグランドピアノの屋根です(笑)
磨きに磨きあげたので黒いのに鏡のように鏡面仕上げで出来上がりました。歪みもなく曇も小傷もなく完璧です(*^^)v

そんなそんなピアノでは当たり前の黒いピアノも、そうやって美しさを再認識して頂けると嬉しいです(*^^*)

しゅんすけ@工房

2017年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もマイペースなブログ更新になりますが、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

当然ですが今年の仕事も始まり、早速2017年の第1号が完成しました(*^^)v

YAMAHAのアップライトピアノ(縦型)のW201になります。
当時の高級機種で内部も贅沢な作りになっています

外装も見て頂ければ分かるかと思いますが、シンプルなデザインの多いヤマハピアノにしては凝った作りになっています。
重厚感のあるピアノですので、お部屋を選ぶピアノになるかもしれませんが、逆にいうと【コレだ!!】とツボにハマる外見ではないでしょうか?

そのような機種をお探しの方はお早めに実物を見に来てください。と言いたいところでしたが、早速
「ピアノを見たい!」
と、お問い合わせがあったと連絡があり、人気があるんだなぁと実感した新年のスタートでした。

この調子で、お客様のニーズに応えられるよう今年も頑張っていきますのでどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

しゅんすけ@工房

CBCテレビのニュース番組【イッポウ】に出ます

11月16日(水)にCBCテレビのニュース番組「イッポウ」午後4:52〜7:00内にて当店が紹介されます。
職人の仕事ということがテーマとなっているそうですので是非東海地方の方はチェックしてみてください。

と言うのは簡単ですが、とても緊張しましたσ(^。^;)
普段の作業をするだけなのにカメラや音声・照明さんに囲まれ、時には質問されたり。
リハーサルもなくいきなりぶつけ本番で何を質問されるかも分からない中でのリアルな撮影だったので、その雰囲気が伝わるかと思います。
普段からよく喋ってる日本語すら何を言ってるのか分からなくなるほど緊張してましたがそんな様子も踏まえ楽しんで頂けたら幸いです(^ー^)ノ

(どれだけ使ってもらえてどれだけカットされてるんだろう???(笑))

しゅんすけ@工房

http://hicbc.com/tv/ippou/

来週は試弾会&コンサートを行いますよ!

 

 

 

今年もやっちゃいます(^^♪

 

 

今日は工房の作業ではなく、本社ショップの3階にある

ナゴヤピアノコンサートサロン】で行われる、コンサートと試弾会についてのご案内です。

 

 

来週の11月23日(水祝)から27日(日)までの5日間はスタインウェイ”ファミリー”ピアノ試弾会を。

11月23日(水祝)と11月26日(土)にはピアノコンサートを開催いたします。

 

 

 

イベント期間中には、3つのコンサートがあります。

オープニングコンサートで演奏してくれるのは、コンクールでも上位入賞と優秀な成績を修めている高校生2名。

15時からのコンサートでは、ソロリサイタルを開催されているピアニストによる演奏をお楽しみいただけます。

コンサートは全て入場無料です。席数に限りがありますので、事前にご予約をお願いいたします。

試弾会のついででも、コンサートだけのご予約でもOKです。

コンサートご予約希望の方は、052-802-1155までご連絡ください。

試弾会のご予約はこちらから受付しております。

 

コンサートの内容は下記のとおりです。

11月23日(水祝)
オープニングコンサート、開演11:30 
ピアノ:井上莉那、鈴木このか
<プログラム>
ベートーヴェン/ピアノソナタ第30番 ホ長調 Op.109
ショパン/アンダンテ・スピナートと華麗なる大ポロネーズ

11月23日(水祝)
コンサート、開演15:00
ピアノ:近藤由貴
<プログラム>
シューマン=リスト/献呈
ショパン/ノクターン第2番
ムソルグスキー/展覧会の絵 ほか

 

11月26日(土)
コンサート、開演15:00
ピアノ:戸谷誠子
<プログラム>
モーツァルト/幻想曲 ニ短調 K.397/385g
モーツァルト/ロンド ニ長調 K.485
プロコフィエフ/ピアノソナタ第6番 イ長調 作品82 ほか 

 

しゅんすけ@工房

 

 

上海へ社員旅行③

社員旅行では食べ歩きや観光も時間内で出来るだけしてきましたよ!

これでもか!

ってくらい歩き倒しました(o´Д`)

念願の小籠包・小籠包と思って注文したら焼いた小籠包みたいなのが出てきたり旅には欠かせないちょっとしたトラブルも思い出になってイイですよね!!、、

そこで、日本との違いを感じた事がいくつかまだありました。

ひとつはセキュリティ意識の高さ!
です。

日本ではありえない程荷物チェックや身体検査をされました。
驚いたのは各地下鉄の駅でさえも荷物チェックがあったりコンサートホームに入る時もありましたよ。
人が集まるところでは必ずやってるのかな?と、おもうほど。
ただ精度の方は???って感じがしましたが。
その他には、地下鉄のホームには人が線路に落下しないようバリケードのように作られていました。
(写真がそのホームです。)

車やバイク・歩行者も日本のようにルールを守ってる感じではなかったので、バリケードのようにお金を使って物理的に安全を確保しようとしてるのかな?と感じました(個人的見解)

とにかく文化の違いをいろんなところで感じれたのも良い経験になりました( ´ ▽ ` )ノ

しゅんすけ@工房

社員旅行で上海に行ってきました!!

社員旅行で、2泊3日で上海に行ってきました。

個人的に上海初上陸なので、見るものすべてが新鮮でとてもドキドキしました。

 時間通りに書いていきたいと思います。

 

1日目

カルフール散策

初日に空港について、ホテルまで行きそれから地下鉄に乗って、カルフールという巨大スーパーマッケットにいっていきました。

カルフールを知っている人からは

「地元のおっきいスーパーだよ。」

と聞いていたので、イオンみたいな感じかなー?と想像していたら、全然巨大な規模でびっくり・・・。

ぐるぐる歩き回って、とりあえず最上階(8F)まで行ったろ!と思い最上階に着く頃にちょうどお腹がすいてきたので、上海初の食べ歩きをする事にしました。


1軒目は、辛そうなラーメン(紅焼牛肉手工拉麺)を食べました。ラーメンはさておき(見た目通り激辛)、今回上海で入ったすべてのお店のオハシもだいたい同じだったんですが、日本のオハシと違って、先っちょが太目で全長が長いのが、特徴みたいです。ちょっと違うだけで、こんなに使いにくいものなんだな。と実感しました。

2軒目は、小籠包を頼んだつもりが、どうも餃子?を頼んでしまったらしいです。でもうまかった!4つで5元(約80円)は激安!

 

食べ歩いていたら、丁度集合時間になってしまったので、カルフールから予約していたコンサート会場へ地下鉄で移動しました。

コンサート


コンサートはSHANGHAI ORIENTAL ART CENTERという会場で、

DRESDNER PHILHARMONIE(ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団)

指揮 MICHAEL SANDERLIN

ピアノ DAVID FRAY

上海でしたが、ドイツのドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートに来ました。

 

 

 

 

 

 

ピアノはスタインウェイで、会場に着くと丁度ぽーんぽーんと音が聞こえて来て、現地の方が調律されていました。

 

 

 

演奏はとてもダイナミックでいて心地よく、非常にいい演奏会でした。

ひとつ気になったのが、身長の高い方が座る為の椅子がなかったのか、同じ椅子を重ねていて、ピアノを弾いていると椅子がぐらぐら動いているように見えて、なんかヒヤヒヤしました。

帰りの地下鉄

上海は地下鉄が発展していて値段もとても安く、地下鉄でどこでも行けそうな感じでした。

2泊3日の移動(ほぼ地下鉄移動)で、30元(約480円)しかかかってなかった事にとても驚きです。

2日目

ミュージックチャイナ

今回の旅行のメインのミュージックチャイナにやってきました!

上海新国際博覧中心というどでかい会場で、さまざまな楽器の展示があり、1つのどでかいブースが学校の体育館より大きくて、それが合計10個もあり、ピアノだけで2ブースありました。

国内外のピアノメーカーが出店していて、ほとんどが中国のピアノメーカーで、中国のピアノメーカーの勢いに圧倒されっぱなしでした。

 

入り口をブースに入るとまずドドーンとスタインウェイのブースが出てきました!

とても見た目が華やかで派手なピアノが多く、特に赤いピアノが多かったように感じました。

インパクトがすごいものが多すぎて段々見ている内に麻痺してきたのか、最初はパシャパシャ写真を撮っていたんですが、気づけば後半ほとんどシャッターを切る事がなくなっていました;


工具屋さんの出店もあり、自分用にお土産、と思い買ってきました。

 

上から

フェルトピッカー伸縮式

360元(約5800円)

真ん中

UPスプリングアジャスター

40元(約640円)

GPジャックスクリュードライバー

25元(約400円)

合計約7000円と激安・・・

中国では値段交渉するのが結構当たり前と聞いていたので、せっかく中国に来たしやってみよう!!と、ダメ元で値段交渉してみたところ・・・

 

自分「このピッカー350元にしてください!」

中国人の定員さん「駄目あるよ」

自分「・・・」

 

と、ここで隣にいた先輩が、

 

先輩「俺もピッカー買うから2本で、700元にしてください!」

中国の定員さん「いいあるよ!」

自分「心の声(うおおおおおおお!先輩GJ!!!!」

 

先輩のおかげでなんとか値段交渉成功し、安く買える事が出来ました!

ありがとうございます。

 

日本に帰って、これを日本で買ったらいくらぐらいなんだろう・・・とざっくり調べてみたところ

 

フェルトピッカー伸縮式約3万・・・

UPスプリングアジャスター約3000円・・・

GPジャックスクリュードライバー約3000円・・・

 

 

((まだどの工具も使ってないので、ちゃんと使えるものかどうかは定かではないです・・・))

 

豫園観光からの新天地


3日目は豫園に観光にきました。

豫園はいかにも中国にきた!みたいな建物がたくさんあり、見ているだけで楽しかったです。

ライトアップされた豫園はとてもキレイでした!

 

そしてお目当てだった、小籠包にありつけました。

ほっかほかで、中から旨い汁が溢れ出してきて、とっても美味しかったです!

 

小籠包につけるタレ?は、お酢で、日本ではないような結構くせのあるニオイをしているお酢でした。

 

豫園から、新天地に移動して、社員全員で夕食を食べました。

普段はお酒をあまり飲まない社員も今日は無礼講とばかりにたくさん飲んでいて、普段とは違う感じで、みんなでワイワイ楽しかったです。また仕事を頑張って、みんなで社員旅行に行けたらいいなーっと思いました。

上海へ社員旅行②

話は前後しますが、旅行の初日(10/25)は、上海オリエンタルアートセンターにてオーケストラを鑑賞してきました。

やはり調律師の集まりですので、みんなそれぞれホールの響きや演奏の内容と色んな角度から見て聴いて意見を出し合っていました。φ(□□ヘ)ナニナニ?

そんな中個人的にとても気になったのは、ピアニストの椅子が高さ調整の出来る椅子ではなく椅子を2個重ねて高さを調整していた事です(; ̄O ̄)
1枚目の写真が椅子の準備をしているところです。
日本では有り得ないのでは?と驚いたのと同時に、演奏者は中国人ではなく…
その椅子を提供する側も受け入れる側も日本人とは感覚が違うのかな?と驚きを隠せませんでした。
よくよく見ると、オケの演奏者の中で背の高そうな人は椅子を重ねていたので、ここではそれが普通なのかな?と思う程。

ピアニストが気持ちよく弾いて後ろに仰け反った時に椅子が動いているように見えてヒヤヒヤしてましたσ(^。^;)

あとは、演奏後の観客の喜びの表現の仕方にも国民性を感じました。

街を歩いてもコンサートを聞きに行っても外食しても、何をしても文化の違いって感じれるんですね(笑)

まだまだ上海旅行記は続きます( ´ ▽ ` )ノ

しゅんすけ@工房


上海へ社員旅行①

10/25~10/27の間、社員旅行で上海へ行ってきました。

中国(上海)国際楽器展覧会と中国オリエンタルアートセンターでクラシック鑑賞に行ってきました。

少しづつブログ等でご紹介していきますね。

まずはインパクトの強かった上海国際楽器展覧会です。
世界中から色んな楽器が集まっています。
僕らはピアノの調律師ですので、ピアノを集中的に見てきたのですが、メーカーの多さ・中国経済の勢い・現地会場のスケール・人の多さといろんな部分で圧倒されてしまいました。

今の日本では考えられない程、メーカーがあり中国の勢いをリアルに感じました。
聞いたこともないようなメーカーが沢山あり、見たこともないようなピアノも沢山あり何を見ていいのか分からなくなるレベル(;^_^A
勿論老舗メーカー・世界的なメーカー・日本でもお馴染みのメーカーも展示してあります。

各メーカー見て欲しい機種を展示してあるわけですから最先端な楽器が並んでいるのですが、同じ事をしていては老舗には勝てない!と言わんばかりのピアノがズラリと並んでいました。
写真はそんなピアノの1つですが、

見た目で勝負!
インパクトが大事!
目立ったモン勝ち!

そんなピアノです。
黒鍵が黒くないので黒鍵とは言えませんね(笑)

このようなピアノは、傷が付いたらどうやって直すんだろう?
部品交換かな?
部品の供給してくれるのかな?

と修理している立場上そのような見方をしてしまいますσ(^。^;)

音に関しては周りが多種多様な楽器の音・人の声・騒音でまともに聞けません。

音に関してはコメントできませんが、相応にしてこのようなピアノは…
多くを語ることはやめておきます(^◇^;)

まだまだ、色々見てきたので、続きは次回で(^-^)/

しゅんすけ@工房




ヤマハピアノ GP修理 その8

フレームを本体に乗せると、大きなネジでフレームと本体を固定します。
その後、必要なフェルト類や小物のパーツを磨いたり必要であれば新品に交換したりして張弦作業に入ります。
もちろん弦圧調整もしますが、専門的すぎるので割愛しますね(弊社のホームページに載せてあります)

ドイツ製の弦を使用して張ってきます。

既に新品らしい輝きを放っているので気持ちいいですね(´-ω-)ウム

あとは、音が出るのが楽しみですが、もう少し先になるんだなぁ(;^_^A

しゅんすけ@工房

ヤマハピアノ GP修理 その7

フレーム塗装も終わりピアノ本体にドッキングしました。。。

とても綺麗になり屋根を開けた時のピアノ演奏者から見たピアノの内部の光景が見違え、弾くのが楽しくなるのではないでしょうか?

これからピアノ弦を張っていきますよー(๑و•̀ω•́)و 

ちょっと今後の反省ですが、自分達の記録の為に写真を撮っているので、お客様やブログを見て頂いている方が何の写真か分からない写真が多く写真選びに苦労しています(。-人-。) 

しゅんすけ@工房

ヤマハピアノ GP修理 その6

ブログのサボり癖よくありませんねσ( ̄∇ ̄;)

ピアノ修理は終わっているのにブログが進まない(>人<;)

早速修理内容に進みます。

響板・外装塗装だけでなくフレーム塗装もあるんです。
写真を見ていただけたら分かると思うのですが、長年の汚れが…(ノ∀`)アチャー

この写真に写っている所は、ピアノの持ち主様の目の前にある部分なので
「持ち主様がお掃除すればいいのに」
と思われる方も居るかも知れませんが、写真をよく見て想像してみてくださいり
無数に広がる穴はチューニングピンが刺さっている穴で、そこからピアノ弦が張ってあります…
(分かりにくいので後日写真を貼りますね)

ピンと弦が邪魔でとてもお掃除出来ない場所ということです。
オーバーホールをするという事は、普段手の届かない部分まで綺麗にお掃除したり塗装したり部品を新品に変えたりと、まさにピアノを蘇らせる大仕事となります。

音が出てるし。
音が止まってるし。

車でいうと走ってればいい。
止まればいい。
こんな感じでしょうか?

車と違って長年使い続けることが出来るピアノです。車を大修理せずに長年使い続けたらどうなるか想像してみてください。((((;゜Д゜)))

ピアノは車のように10年ごとに買い換えする訳では無いのですが、ラッキーな事に修理や調整・良い管理をされていれば長年使い続けることができます。

長い間良い状態で使い続けてあげてくださいね!
d('∀'*)

まだこの修理のブログは続きます(笑)

しゅんすけ@工房







ヤマハピアノ GP修理 その5

響板塗装したら乾燥している間に、外装塗装に取り掛かります。
今回のピアノはつや消し塗装になりますので、ホコリ対策が必要です。

もちろん当社の塗装ブースは、内圧が高めにしてあり外からホコリが入らないようになっているのと空調が上から吸気した空気が降りてきて、排気が下部から行うためホコリの舞うリスクを極力なくすシステムとなっています。
それでも、人の衣類や人の動作によってホコリが舞う事はあるので、大きな面の塗装は吊った状態で塗装します。

つや消しはコホリが乗ったらやり直しになるので神経を使います。(´-ω-)ウム

しゅんすけ@工房

ヤマハピアノ GP修理 その4

ちょっと写真が分かりにくいですが、先日フレームを外したところのブログを書きましたが、そのフレームを外した後、ピアノの心臓部とも言える【響板】に取り掛かります。
古いニスを剥がし、その他細かい作業を施します。

もう少しで綺麗に蘇った響板に蘇りますよ!(*^^*)

古いニスを剥がしてる途中でも綺麗になってきたのが分かりますね。

しゅんすけ@工房

ヤマハピアノ GP修理 その3

珍しいピアノの修理と言っても、ピアノの基本構造は大きく変わることはありません。

いつも通りサクサクっと作業を進めていきますよ!
まず元を外し、それまでの間各部の採寸を行っているので、ピアノ本体からフレームを取り外します。
このフレームがとても重たく、ピアノの重量はこのフレームがほとんどなんじゃないか?と思うほど。

落としてフレームご折れてしまっては折り返しがつかないので慎重に行います。(*´д`*)ドキドキ

普段やっている作業でも、決して油断してはいけないポイントが必ずあります。それは今回のように失敗が許されないところです。

どのような仕事でも、そういった緊張感のある瞬間は必ずあると思いますが、その緊張感があるからこそ仕事のやりがいや、モチベーション維持にも繋がってるように思います。

この作業も、新人さんではまだやらす事のない仕事ですので工房に入った若い子達は、先輩の仕事を遠くで見て目標にして日々頑張ってもらいたいものですね!( ー`дー´)キリッ

しゅんすけ@工房

ヤマハピアノ GP修理 その2

お盆休みは、どうお過ごし致しましたか?

いつもより暑く感じたのは気のせいでしょうか?
(多分毎年思ってる(;^_^A)

先日のピアノ修理ですが、作業の続きを報告しましょう。
珍しいと言っても良いピアノだと思いますが、ちょこっと紹介を。
このピアノは建築家アントニン・レーモンドさんが設計したピアノになります。
日本の建築物も多数手掛けてる方になります。

そんなピアノの修理も順調に作業が進行しています。
元の状態を確認し、必要なところは記録にも残します。
そのようにチェックしつつ慎重かついつも通り仕事をこなす必要があります。

写真はピアノ弦を外したところです。

世の中はオリンピックっで大盛り上がりです。
あと少ししかありませんが、残りのオリンピックも楽しみたいですね!
たった今陸上400mリレー男子が銀メダルを取ったところで興奮していますσ(^。^ )

おめでとう日本!!

しゅんすけ@工房

ヤマハピアノ GP修理 その1

YAMAHAピアノのとても古い修理を行いました。

変わったタイプの外装をしていますので、少しづつ記事をアップしていくのでお楽しみに(^-^)/

まずは外装です。

屋根にシミ?のような物が大きくど真ん中にあります。
響板も汚れが固着してしまっていますね(;^_^A

これから、外装やフレーム・響板を綺麗にしていきますよ!(๑و•̀ω•́)و 頑張る

しゅんすけ@工房

中古のスタインウェイ

とても良い状態のスタインウェイピアノが入ってきました。(*^^*)
今回ご紹介させて頂くのはアップライトのスタインウェイになりますが
「これ中古なの?
と思うくらい綺麗に仕上がりました。
デザインも今時のご家庭にマッチするのではないでしょうか?

小型ですがスタインウェイらしさのある音色はもちろん、存在感もやはり一線を画すものがあると思います。

内部もしっかりチェックした後、調整を施してありますのでご安心下さい(^-^)/

どれだけブログで伝えても
【百聞は一見に如かず】
ですので、1度見て弾いて聴いて見て下さい。
ピアノは、見るだけでもダメです。
弾くだけでも勿体無い。
弾いてもらって客観的に聴いてみるのもピアノ選びには欠かせないポイントだと思っていますσ(^。^ )
是非スタッフにご要望下さい。

しゅんすけ@工房

中古ピアノ 外装磨き

YAMAHAのグランドピアノ 【G1B】の外装を磨いています。
グランドピアノは大人の人が使ってる事が多いからか綺麗な状態の物が比較的多い気がします(*^^*)

傷があっても工房に持ってくることによって塗装も出来ますし研磨して磨きあげる事によってピカピカに蘇ります。

お店に展示してあるピアノはこの工房にて外装・内部まで手を加えてありとても良い状態ですよ( *˙ω˙*)و グッ!

もちろんご自宅にあるピアノも修理・調整を承りますので気楽にご連絡下さい( ´ ▽ ` )ノ

☆これは豆知識ですが、お客様がピアノに感じてる違和感や不具合・傷に対するイメージ等は意外とプロの目から見ると見当違いな事が多々あります。
1度弊社スタッフが見るとこによって思っていた事と全然違う事が判明したりするので、是非ご連絡下さい。

吉と出るか凶と出るか!(((o(*゚▽゚*)o)))

しゅんすけ@工房

鍵盤貼り替え

写真を見たら違和感しか無いですね(;^_^A

それもそのはずです。

白鍵が剥がれてるだけでなく黒鍵も剥がしてあるので、黒いものが無いので違和感になるわけですね。
白鍵はヒビ割れが多かったり何か落として欠けてしまった場合・変色してしまった場合等あります。
そういった場合貼り替えをすることがあります。
黒鍵は、アクリルから天然黒檀に貼り替えをすることにより、高級感はもちろん黒鍵に触れた時の吸い付くような感触がたまりません。

今回の作業は、白鍵と黒鍵共に全貼り替えとなりました。
完成したら見違えりますよ(☆∀☆)

しゅんすけ@工房

取れてはいけないパーツが…

写真を見ても調律師さんやピアノにとても詳しい方ではないと分からないパーツだと思います。

詳しく説明するような物ではないので割愛しますが、このように古いピアノは接着剥がれが起きてしまう場合があります。
接着剤の材質や置かれていた環境など原因は様々です。

毎年の調律でも発見することは出来ますが、やはり大きな修理を行う時は更に色々なところを確認できます。

引越しや自分のお子様にピアノを引き継ぐ時・ピアノの調子の悪さを感じた時など、1度修理点検をお考えになるとよりピアノを良い状態で長持ちさせる事が出来ますよ!

工房に入れると、お客様宅では出来ないところまで綺麗にお掃除もできます。
この隅々までお掃除する事もピアノにとっては大事なことなんですよ!
(ホコリが長期間溜まっていることは、ピアノにとって悪い事しかありません)

しゅんすけ@工房

刃物砥ぎ

もう1月が終わろうとしています。

調律とは関係なさそうですが調律師も刃物を使用します。
よく切れるハサミから革裁ち、工房ではノコギリまで色々使います。

手持ちで鞄の中に入ってるのが革裁ちですが、当然お手入れしないと切れなくなってしまいます。

切れ味良くて初めて仕事をする刃物。

定期的に砥ぎ直します!

しゅんすけ@工房

121年前のスタインウェイ 修理7

たくさん作業があり過ぎて、ブログに更新するのが実際の作業手順と前後しているものが沢山あるのはご了承下さいm(_ _)m

一つ一つの作業をピックアップして更新していきますね!

今回は、ハンマーの取り付けです。
ハンマーは穴あけの位置や角度と奥が深く、ハンマーの制止位置やハンマーが弦に当たった時の角度など考えなければいけないことは沢山あります。

そんな設計に関する事は割愛させて頂き、内容は取り付けへ。
これまた穴開けや取り付けも当然全て88キーと沢山同じことを繰り返します。
しかし、ピアノのハンマーは高音側から低音に向かうにつれて大きくなっていきます。
これまた設計の話になってしまいますが、低音と中・高音とでは、弦が交差している為弦の高さが異なります。
そうなると当然ハンマーの長さも変えなければいけないので、取り付けの順番など基本的な事を間違えないようにしなけばいけません。

一つ一つ丁寧に取り付けていきますよー!
d(⌒ー⌒) グッ!!

しゅんすけ@工房

121年前のスタインウェイ 修理6

巷ではラグビーワールドカップで活躍した日本代表の五郎丸歩(29)さんがとても注目されていますね。
僕も弟がラグビーをやっている事もあり、応援していました。
そんな五郎丸さんがトップリーグで所属しているチームがヤマハ発動機で、今年の鈴鹿8耐で優勝したのもヤマハとヤマハ勢が活躍していて、ピアノに携わっている僕は何だか嬉しくなっている今日この頃です。
ピアノには直接的関係ありませんが、僕はヤマハというとピアノをまず思い浮かべるので、こうやってヤマハが注目されることは嬉しいことです。
ラグビーのヤマハ発動機チームのファンクラブ会員が急増しているようですしd(⌒ー⌒) グッ!!

ピアノ業界も勢いつけたいですね!
よし(๑و•̀ω•́)و 

仕切り直して話はスタインウェイ修理に(^◇^;)

キャプスタンボタンというパーツを、ワイヤーごと鍵盤から抜いた後は、その抜いた穴を埋め木して新しいアクションに合った場所に新品のキャプスタンボタンを取り付けます。

この新品の取り付け位置を決めるのは慎重に行います。

タッチ感やレスポンスに直結しますからね。(^◇^;)

写真は位置出しを行い、下穴を開けてワイヤーを差し込んだ後キャプスタンボタンを取り付けるといった所です。

ピアノの内部修理で何が大変かって、ピアノは全部で88キーあるので、同じ作業(同じパーツ)が88個ある訳です(;^_^A

それを同じ寸法で基本は作業していきます
(正確には鍵盤のサイズが変わったり、ハンマーのサイズが変わるなど同じようで同じでは無いパーツも多数存在します)

黙々と1つ1つ作業していくのは、内職なのでは?と感じてしまう事も…f^_^;)

ただ、1工程1工程ただやれば良い訳じゃ無いので、奥が深いんですけど伝わりにくいのが残念です
(´ヘ`;)とほほ・・

しゅんすけ@工房

121年前のスタインウェイ 修理5

白鍵の上面も貼り替えが終わり、ブッシングクロスも貼り替えたので鍵盤関係は終わり…

では無いのが今回のピアノです。

121年前となると、アクション関係の設計が現代とは大幅に異なっていたので、現行のアクションに乗せ変えます。

ここが文章にしてしまえば簡単なのですが、とてもとても複雑で大変な作業となりました。

当然設計が大きく関わってくるので、単純に乗せ変えることは出来ません。
まず各パーツの位置や角度寸法を細かくデータ取りから始まるのですが、ここでは割愛させて頂きます。

そのアクションが現行の物に変わる事によって、鍵盤に取り付けられているキャプスタンというパーツの取り付け位置が変わってきます。
写真はそのパーツを抜き、抜いた所を埋め木しているところです。

この様な支点となる所の位置変えは慎重に行わなければいけません。

タッチ感や鍵盤重量のバランスまでも変わってくるからです。

まだまだ先は長いですが、お付き合いください
(๑و•̀ω•́)و 頑張る

しゅんすけ@工房

121年前のスタインウェイ 修理4

鍵盤上面を貼る為の下準備が終わり、やっと貼り付けが可能なところまで来ました。


白鍵は特殊な治具を使い貼り付けるのですが、この治具がまた色々です。
既製品の物もありますが、やはりメーカーや年代により変わる厚さやサイズ・象牙やアクリルと鍵盤と言っても様々です。
細かいところに対応できる様・思い通りに作業できる様にする為には、やはり自家製の治具が力を発揮します。

不満点を改良して、長年の使い込みにより進化を遂げるのは楽器だけではありません。
当工房にある手造りの治具や工具は、一見何に使うか分からない物から、同業者さんが見るとすぐ分かる物でも工夫が凝らしてある治具、長年の修理経験によって作り出された物が沢山あります。

そんな治具を使い、121年前の鍵盤にも見事に対応し貼り付けていきます。
(大袈裟な表現ですけどね(^◇^;))

このピアノには既製品(形が成形されてる)鍵盤は使用出来ないので、我々で貼り付けた後加工していく必要があります。
写真は、1本づつ形を整形いるところです。(左側に並んでいるのは貼り付けたままで未整形の物)
1本1本同じ形状に整えていきます。
整形している様子の写真を撮り忘れちゃいました
σ(^。^;)

まだまだ続きますよ(*>∇<)ノ ァィ♪

しゅんすけ@工房


121年前のスタインウェイ 修理3

鍵盤の上面を整えたら、さあ上面の貼り付けです…

と行かないのが、このピアノです。(;^_^A

長年使用されていて鍵盤も傷んでいるので、鍵盤幅がバラバラです。
たくさん弾かれていて側面の磨耗が進んでいたり傷んでいたり。ですので、鍵盤と同じ材質のスプルースの薄板を使用して鍵盤側面に貼り付けて幅も整えます。

普段なら無い作業がドンドン出て来て牛歩の如くスローペースですが、確実に前に進んでます(^◇^;)

しゅんすけ@工房

121年前のスタインウェイ 修理2

次は鍵盤の貼り替えです。

121年も時が経つと鍵盤も
【味が出た】
というレベルを超え、弾くにはあまりにも支障が出るのと、見た目にも限度を超えていたので全て貼り替える事になりました。

ただ単純に剥がして、貼れば良いわけではありません。

先ずは剥がしたら、古い接着剤が残っていたりするので上面がガタガタです。
このまま貼っても傾いていたり、隙間が出来たり接着不良になったりと良い仕事ができないので、上面を均します。
もちろん闇雲に均すと、削り過ぎたり平が取れていなかったりするので、地味ですがここも技術のいるところです。
この後、まだ上面が貼れないんですねぇー(;^_^A

それはまた次回のお楽しみに(*>∇<)ノ ♪

しゅんすけ@工房

121年前のスタインウェイ 修理 1

昨日から書き始めたスタインウェイの修理ですが、ナント121年前のピアノです。
(; ̄O ̄)

ギネスにて認定されてる世界最高齢の方ですら産まれていません。

そんな貴重なピアノの修復には慎重さが求められます。
現在数多く修理しているピアノとは違い、パーツももろく交換が必要であったり、長年の使用で擦りてっていたり設計が違っていたりと様々です。

しかし、この時代から変わらぬ仕組みの物も多く、同じように修理できる物も当然たくさんあります。

今回はブッシングクロスといって、鍵盤裏に使用されているクロスを全交換したのですが、仕組みや構造は同じでも、ちょっと違う。そのちょっと違うが、いつものように作業することの出来ない理由になってしまった一例です。

上の写真が現在の鍵盤の裏です。
赤いクロスが貼ってあり、剥がした鍵盤もありますね。
横に溝が掘ってあるのですが、この古いスタインウェイは横に溝が掘っていなくて、四角く掘り出された形状になっています。
これだと、普段使用している治具が使えないので、治具作製から始める場合があるのです。
ただ、当社では過去にもこのような修理をした事があるため、特殊に治具を作っていたので、対処できましたが、このように各工程でいろいろな事が起こってきます。
なかなか先の長い修理となりそうです(;^_^A

しゅんすけ@工房

とても古いスタインウェイ

とてもとても古いスタインウェイピアノの修理を行っています。

100年を優に超えるピアノとなれば、不具合も色々あります。

今回は弦の振動を響板に伝える駒というパーツが、長年の年月による経年劣化にて、張力に耐え切れず割れてしまっていたので、修復を行いました。

本来なら修理を諦めてしまいそうなピアノの心臓部分とも言える響板関係のパーツでも、このように現代の真新しいパーツになったのではないか?と思えるように修復可能です。

このピアノは、色々難儀しそうですが完成も間近なところまで来ています。

少しづつ載せていきますのでお楽しみに!

しゅんすけ@工房

ロゴの錆

とても残念です…

何が残念かというと、ピアノは傷が多かったり汚れていても写真に撮ると綺麗に写ってしまう傾向にあります。
今回もロゴが酷い錆だったのですが、そんなに酷く見えなくて(;^_^A

と、今回は錆が酷いロゴの錆を取り除き磨き直しました。

この錆ですが、錆が元に戻っている訳ではありません(当たり前)

この錆びた部分を取り除き錆びていない部分を磨いて蘇らせているのですが、当然厚さがないと出来ません。

ペダルや蝶番はある程度厚さがあるので全く問題ないのですが、ロゴになると薄い場合があります。
一流メーカーはしっかり厚さがあるのですが、中には薄くてペラペラなメーカーも稀にあります。
そうなると錆が酷くなると、欠けてしまったり錆を取って磨き直すことが不可能な場合が出てきます。

こうなる前に対処したいですがなかなか難しいですよね(;^_^A

こういったところまで良いパーツを使っているのが一流メーカーだなぁと日々の修理で実感しています
d(⌒ー⌒) グッ!!

しゅんすけ@工房

黒いピアノ(U3A)を白いピアノに塗り替え

黒い艶出しピアノを白い艶出しピアノに塗り替えて欲しいという修理の依頼を頂きました。

 

白いピアノに塗り替えると、雰囲気が大きく変わって部屋が明るく見えると思います。

最近の家の傾向として、洋風な部屋が増えていると思います。黒のピアノを持っているけど、いまいち家の雰囲気と合わないな~・・・。っと思っている方や今あるピアノにとても思い入れがあるので、ピアノの買い替えは難しいけど、白いピアノがどうしても欲しいっと思っている方、ぜひ白いピアノへの塗替えをオススメします。外装はがらっと変わっても、音色はそのままなので思い出のピアノのまま、外装は新品同様に綺麗になって、嬉しいかと思います。

お家にある思い出のピアノが、生まれ変わりますよ。

作業開始


全塗装するので、部品を全部分解しました!

これから塗装の作業に入ります。


塗装開始!!

だんだん真っ白になっていきますよー!

驚きの白さ・・・!!

 YAMAHAのLOGOまで真っ白!?

安心して下さい。ピカピカですよ。

 

完成しました!!

お客様の声

修理を依頼してくださったお客様が、納品後に写真とアンケートに答えて下さいました。

作業スタッフよりコメント

色合いが思っていた通りみたいで、とてもよかったです!!毎日工場で作業してますので、実際にお客様の家に納品したピアノがどのように収められているかを普段見ることが出来ないので、写真を撮っていただいて、見ることができ、とても嬉しいです。お部屋の雰囲気とマッチしていて、とてもイイデスネー(*^^)v

どうもありがとうございました。


中古ピアノ 修理 レザー貼り替え

グランドピアノの鍵盤奥に写真のようなパーツがあります。
そこにレザーが使われているのですが、経年変化や使い込まれていて摩耗してしまい交換が必要なピアノがあります。

これを変えたらどうなるの?
と言われるとブログで説明するには長〜くなってしまいますし、小難しい内容になりそうなのでやめておきます(^◇^;)

当然、新品に変えるわけですから良い状態に戻ります…が、変化が生じるので再調整が必要になります。

このような作業をする時は、オーバーホールや整調を本格的に行う時に一緒にやると無駄が省けます。
まとめてやれる時はまとめて行った方が、作業する側もお客様も良いことだらけですよ。

しゅんすけ@工房

中古ピアノのチューニングピンが!!

写真を見て下さい!

これは、グランドピアノのピアノ弦を新品に交換する為チューニングピン(ピアノの弦が巻いてありこのピンで調律を行う)も交換する為、抜いてみたところこのように錆びているピンがありました。

上の方は目視で確認出来ますが、溝の入っている所はピン板の中に打ち込んである為抜いてみないと分かりません…

と言いながらも、これ程錆びていると調律時に異常を感じるレベルですが(;^_^A

このようになってしまうと、ピンが張力に耐えうる保持力を失っていたり、調律しにくい状態になっていたりトラブルの元となるのは明白ですね。

これは、経年変化だけでなくピアノ管理も良く無かったとおもわれます。湿度管理は木部やクロス系だけでなく金属パーツを錆びさせる原因にもなるのでしっかり湿度管理していきましょう!

しゅんすけ@工房

鍵盤の正面を綺麗にしてみませんか?

中古ピアノを買い取り、再び販売する為私達は日々奮闘しています。


そんな中よくある作業の一つが写真にある作業です。
これは、木口というパーツが経年変化を起こし黄色く黄ばんでしまった物を、新品に交換するという作業です。

という事は、購入する方は綺麗な状態で購入出来ますが…

長年使用しているお客様の自宅にある木口はどうですか?

ピアノは外装に傷が付いたり、このように鍵盤関係が黄ばんだり欠けたり。または弦やチューニングピンが錆びる。
そしてメインの音が狂ったり弾きにくくなったり。
と様々な事が起こります。

このような部分をキッチリメンテナンスしていくと、更にピアノが愛おしく感じ、尚且つ弾きやすく美しいピアノが維持出来るんですね。

最近スマートフォンでFacebookが簡単に更新出来るので、Facebookばかりになりこのブログを放置気味で反省しています。(;^_^A

更新頻度の多いFacebookも是非【いいね!】して頂き購読していただけると嬉しいです!
弊社facebookのURLです
しゅんすけ@工房

いつの間に新巻!?

本屋さんに立ち寄り、趣味の本・料理の本と見ていて、何となくコミックエリアに行ったら…

忘れてました。

【ピアノのムシ】の存在を。

いつの間にか4巻が出ていたので早速購入。

ピアノ調律師が主人公で、ピアノの管理や調律・修理といった内容のコミックで、今までになかっただけに調律師の間でも気になってる方もチラホラ増えてきてるのではないでしょうか?


気が付けば2015年。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

気が付けば去年の11月からブログの更新が途絶えていました。
どうもFacebookの方がスマホで更新できるので、手軽な方に力を入れてしまってましたσ(^。^;)

当然何もしていなかったわけではなく、工房はフル稼働です。年が明けてからもいきなりフル回転。
仕事がある事は喜ばしい事です。

今年1年も、沢山のピアノに携われる1年になるよう精進致します。

写真は現在進行形のグランドピアノのハンマー交換の様子です。

しゅんすけ@工房

ピアノ修理 塗装

大切なピアノに傷がついて悩んでる方はいませんか?


調律師の仕事は調律するだけではありません。

ピアノの調子が悪いところがあればどんな内容にも

対応いたします。


それが外装の傷でも弾き心地でも音質でも何でも

ご相談ください。


弊社はスタッフ全員が調律師でいかなる分野にも

対応できますのでまずはご連絡を!


写真は、鍵盤蓋にたくさんの当て傷があったので

塗装を施しているところです。

もちろん新品のようにピカピカになりましたよ!!

(*゚▽゚)ノ


しゅんすけ

中古ピアノ スタインウェイ ハンマー交換

中古ピアノ スタインウェイ B型 のハンマー交換を行っています。

 

当然外装も塗装あり磨きありで綺麗になり、作業は順調に進んでいます。

ハンマー交換には膠を使用しているので木工用ボンドと違いスピーディな

作業となります。

それも手慣れているのですんなりと完成。

ハンマー交換後の整調・整音がポイントになってくるので気を引き締めます。

 

しゅんすけ@工房

中古ピアノのキャスター磨き!

Facebookばかりに意識が行き過ぎてるせいか
工房のブログ更新を忘れてしまっています。
きっとFacebookはスマホで簡単に更新できちゃうので
楽な方を選んでしまうんでしょうね(^_^;)

今日はグランドピアノのキャスターを磨きました。
このパーツは普段は目立たないので気にかけていない方も
少なくないと思いますが、磨けばこんなに輝きます。

オシャレは足元から!といいます。
グランドピアノの外装を磨く修理になるとキャスター等の
金属パーツもしっかり磨きますのでお任せ下さい!

 

工房@しゅんすけ

お部屋の調音

ピアノの入っているお部屋が響きすぎて困っている方は多いと思います。

なかなか音響まで意識して部屋を作るのは難しいですよね。

そのような方の為に弊社はAURAL SONIC社の調音パネルを使用します。

今回は8畳の和室に900mm×900mmのパネルを8枚使用しました。

耳触りな反射音がとれてとてもキレイな音に変わり部屋での話し声にも変化を感じ、お客様に大変喜んで頂きました。

お部屋の音響にご不満の方は是非ご連絡下さい。  J

 

スタインウェイ研修会

スタインウェイの技術研修会が弊社3階のコンサートサロンで行われました。

中部地区のスタインウェイ会の会員が集まっての勉強会です。

こういう機会でしかなかなかお会いできない人とも会うことができとても有意義な時間がすごせました。 J

 

中古スタインウェイ 整音

スタインウェイS型の整音作業です。

調律師の仕事には主に調律、整調、整音とありますが、最終段階で行われるのが整音です。    文字通り音を整えるわけですが、いくらキレイな調律が出来ていてもこの整音が出来ていなければそのピアノは台無しです。  整調も同じことが言えますが、パソコンで文字を打っていても調律の変換はすぐでてくるのにセイチョウ、セイオンは変換がすぐ出てこないようにあまり周知されていないのが現状です。 3つ作業全て大事です。  J

中古ピアノ 木口交換って?

中古ピアノに多いのが写真にある木口の黄ばみです。

鍵盤を正面に見たときに見えるところですが、これが変色したままだと

とても古臭く見えてしまいます。

経年変化なので仕方がないのですが、このパーツは貼り替え可能なので

ご自宅のピアノで木口が気になる場合、写真のように真っ白に交換できますので

ご連絡下さい。

外装が綺麗に保たれているのに木口が黄色いのはもったいないですね!!

 

工房@しゅんすけ  (*゚▽゚)ノ

中古ピアノ オーバーホール品完成

中古ピアノのオーバーホール品が完成しました。

YAMAHA C3Bになります。

ピアノ弦やチューニングピン交換はもちろん

響板も塗装済みです。

ハンマーも交換してあるので、是非音を聴き比べて

頂きたいです。

調整もバッチリ行い重量調整まで施してあるので

音のみならずタッチまでバッチリです。

実際に弾いて頂けると、タッチ・音共に感じて頂ける

と思いますので是非弾きに来てください。

 

もうショップにて展示されています!!(*゚▽゚)ノ S

天然黒檀です。

ヤマハ 中古ピアノ のオーバーホール

行っています。

このピアノの黒鍵をアクリル系から天然黒檀に

交換するのは当社の定番となっています。

アクリルと違い滑りにくく吸いつく感覚を

知ってしまうとやみつきになりますよ!

 

修理や整調をしっかりやる機会があれば

検討してみてはいかがでしょうか?

(*゚▽゚)ノ S

中古ピアノ調整のファイリング

オーバーホールの際に新品のハンマーを

取り付けますが、そのハンマーをファイリング

(ハンマーを削る)します。

また、中古ピアノについている中古のハンマーも

ファイリングをします。

この2つのハンマーでは根本的に違う事があります。

それは、中古のハンマーには長年使用されたことに

よって、ハンマーに弦の溝(跡)が付いていることです。

 

弦の跡が深くなるほど、ハンマーは変形したり硬い

音がしたりと不具合が起ります。

当然、変色もしていますし一度ファイリングをして

適正な形に戻してあげる必要があります。

何度もファイリングを繰り返すと、当然ハンマーも

小さくなっていきますし、弦の溝が深すぎて最適な

形状まで戻せないようなハンマーも存在します。

そうなってくると、ハンマー交換の時期ということに

なってきますので、調律師さんからお話があった

場合は御検討下さい。

綺麗にファイリングをされ、しっかりした整調をして

あるピアノを見ると、嬉しくなる調律師は僕だけでは

ないはず!(=^_^=)  -S-

 

ヤマハ W101を修理しました♪

修理前のW101

工房に中古ピアノの修理で、YAMAHA W101 が入ってきました♪

親板(ピアノ本体の横の所)の所にすごい日焼け跡があったり、あらゆる所に大きい当て傷がありました。長年使われたピアノでだいぶ年期が入っていますが、綺麗に修理したらまだまだ使えるようになりますよー♪

 



修理後のW101

全塗装して、ペダルや蝶番、ピン、弦もピカピカになり、生まれ変わりましたb(^o^)d

 

ご両親からせっかくピアノを受け継いだけど、とても汚いし、弾きにくいなーと思った方も多いのでは?

とっても綺麗になりますので、ご両親から受け継いだ大切なピアノを、綺麗にしてみませんか?ヾ(*´∀`*)ノK

中古ピアノ 何の修理?

写真を見てもピアノのどのパーツの修理を

しているのか分からないと思います。

分かった方は、ピアノ通ですね。

 

ワイヤーが折れてしまったり、パーツが割れて

しまうなど、修理をしていると色々起こります。

そのような予期せぬ出来事にも冷静に対応できる

ように日々鍛錬なるのみです。

このピアノも何事もなかったかのように対応して

いきます。

(*^^)v S

新年の作業は始まっています。

年が明けて気持ちも新たに作業開始です。

 

ヤマハ 中古ピアノ 【No.25】の続きですが、

艶消しの全塗装と響板・フレーム塗装が

順調に進み、いよいよ内部の作業に取り掛かれ

そうです。

オーバーホールの為、外装が終わっても

作業はたくさん残っています。

まずは、ピアノ本体にフレームを乗せ弦圧等の

重要作業を行い、張弦の準備に入ります。

 

年明け早々、スムーズで良いスタートがきれてます!

o(^-^)o S

鍵盤がガタガタしていませんか?

ご自宅のピアノの鍵盤は大丈夫ですか?

 

ピアノの鍵盤には写真のようにクロスが貼って

あります。

ピアノを弾くことにより、このクロスが擦れて

摩耗していきます。

長年使用したり、たくさん練習されてるピアノは

特に交換が必要になってきます。

いわば消耗品です。

使用によって交換が必要になるばかりでなく

保管状態によっては虫食いでガタガタになる

こともあります。

 

もちろん弊社のショップで販売されている

中古ピアノはガタガタの物はしっかり新品の

クロスに交換済みですので安心ですね!

(*゚▽゚)ノ S

中古ピアノ修理の定跡

中古ピアノを工房ではたくさん修理することが

多いのですが、外装磨きや塗装といった

大がかりな作業だけでなく繊細な作業も

たくさん存在します。

 

写真はピアノ内部の作業の様子ですが

ハンマーの動きの支点に不具合があり動きが

悪くなっている事がよくあります。

この動きのチェック・修理はピアノ修理の世界では

定跡なのですが、ここの動きを直さなくても

ピアノは音が出ることがあるので放置されるケースも

少なくありません。

弊社では、定跡というだけあって全てのピアノに

おいてチェックし対応しています。

地味な作業ですが、全ての動きがスムーズになる

だけで、弾き心地が生まれ変ります。

ご自宅のピアノも動きが鈍くなっているかも

しれませんので、調律師にしっかり見てもらうと

いいですよ!

S (*゚▽゚)ノ

中古ピアノも新品ピアノも

写真は何かというと鍵盤に入った鉛を

抜いて埋め木をしたところです。

 

なぜそのような事をするかというと、

しっかりと調整されたピアノでもタッチが

重かったり軽かったり・バラツキ・もたつき・と

必ずしも弾きやすいとは限りません。

 

そういったとき、この鍵盤に埋め込まれた

鉛の出し入れでタッチの最終調整を行います。

当然ただ出し入れするのではなく、入れる鉛の

大きさや位置や数とさまざまです。

 

この重量調整までやるととても弾きやすい

ピアノへと生まれかわるのですが、なかなか

出来るのもではありません。

 

弊社のショップに展示されてるオーバーホール

された中古ピアノはもちろん、新品ピアノでも

必要があれば行っているんですよ!

店員に重量調整してあるピアノとしてない

ピアノを教えてもらい弾き比べてみるのも

面白いかもしれませんね!(^-^) S

ボストンピアノが完成!

ボストンピアノが完成しました!

といっても新品です。

 

当ショップのピアノは新品であってもしっかり

調整しています。

場合によっては工場に入れて再調整

し直すこともあります。

 

どこのピアノも新品は同じ!ではないので

実際に体験するためにもショップに弾きに

来て下さい。

自信を持ってお勧めできます。

フェイスブックでもボストンピアノの事御紹介
していますので覗いてみてください。

S (^-^)

スタインウェイアカデミーの研修に先週

行ってきました。

結果は後ほど!

facebookもやっています。

最近工房のブログがご無沙汰で申し訳ありません。

 

当社のフェイスブックは、ボチボチ更新しているので

覗いてみてください。

下記が名古屋ピアノ調律センターのfacebookページです。

https://www.facebook.com/nagoyapiano

 

今日はグランドピアノを裏返しました!

古いヤマハピアノ 全塗装

古いピアノが工房へやってきました。

NO.20という機種名で約60年前に製造された

ピアノになります。

 

脚やペダルボックスも特徴的ですよね。

これを全塗装するので綺麗に蘇りますよ!

S (*^^)v

フレーム塗装の下準備

最近はフェイスブックを始めたのもあり

工房のブログ更新率が下がっている事に

反省しています。

 

では本題です。

今はヤマハのC3B をオーバーホールして

います。

写真はフレームを本体から外し、フレーム塗装の

下準備に取り掛かるところです。

このような作業は、お客様の自宅では出来ない

大がかりな作業になります。

ピアノは長い間使い続けることが出来ますが

このようなメンテナンスも必要になってきます。

調子が悪いなぁと感じている方は是非

ご相談ください。

あと、Facebookも始めましたので是非のぞいて

見て下さい。(*゚▽゚)ノ

下記が当社Facebookページになります。

https://www.facebook.com/nagoyapiano

 

オーバーホール 弦を外します

ヤマハ C3B のオーバーホールに

とりかかります。

写真はこれから弦を外すところです。

 

綺麗な木目ピアノなので完成したら

是非弾きに来て下さい。

まだ、とりかかったばかりですので

先は長いですが

(´・_・`)

湿度管理不足によって。。。

写真ではわかりにくいでしょうか?

 

フレーム・弦・チューニングピンにカビが発生して

いました。

 

写真は、右半分のカビを取り除いたところです。

ピンや弦がこれだけ密集していると掃除して

カビをとるだけでも大変です。

 

これを更に放置しておくと、シミになったり

サビに繋がりピアノを痛めてしまいます。

 

あともう少し梅雨が続きますが頑張って乗り

切りましょう! (ง •̀_•́)ง S 

ピアノには多数の輝くパーツがあります。

写真を見て頂いただけでも多数の真鍮パーツが

ピアノには使われていることが分かると思います。

 

この写真以外にも小物パーツやネジがあり

どれも磨くことで輝きを取り戻します。

 

外装の塗面が綺麗になっても輝くパーツが

曇っていたりサビていたら台無しです。

 

ここまで分解して磨くのでピカピカで気持ちが

いいですよ! S


                                      ページTOPへ