2011年08月 近況報告

黒鍵を天然黒檀に交換

グランドピアノの黒鍵をアクリルから

天然黒檀に交換しました。

 

アクリルは安っぽいのと弾いていて滑ることが

ありますが、黒檀はシットリしていて、指に

吸いつくような感覚で見た目・弾きやすさともに

良くなります。

高級感が出てきます。

 

天然黒檀に交換するのは、ほとんどのピアノで

出来ますので、ご連絡ください。(^○^) S

 

0 コメント

ボストン 163cm 重量調整 2

            重量調整
            重量調整

ボストンピアノ 163cm重量調整です。

昨日は、各パーツの動きをチェックし作業しました。

今日は、重量を計って不要な鉛を抜くので

それを確認しているところです。

 

そのあと、正しい位置に鉛を入れなおします。

 

良いタッチはこうして生まれるんですよ!

( ̄ー ̄)ニヤリ  S

0 コメント

ボストン 163cm 重量調整

チェックの為パーツを外してます
チェックの為パーツを外してます

ボストンピアノ 163cm重量調整が工房に

入ってきました。

 

まずは、各パーツの動きを確認しています。

動きが悪いのはもってのほか!

全キー全パーツチェックするので時間も

それなりにかかります。

その分ピアノも応えてくれるので頑張ります。

(*゚ー゚)v S

0 コメント

スタインウェイ D型 オーバーホール 25

スタインウェイ D型の作業中です。

今日は、第1整調の途中で写真はファイリングと

いう作業の様子です。

 

ハンマーのフェルトをペーパーを使い削ります。

音にも直接関係する作業ですね!(^ー^) S 

0 コメント

ピアノ張弦

スタインウェイピアノの弦を張り替えています。

全部で約230本の弦がはられていて、20tもの力で張られています。

これは、1840年にグランドピアノ用の総鋳鉄製のフレームを考案されたことにより可能となりました。 それにより、現在の大きなコンサートホールでも充分に聞くことができる大きな音をだすことが可能になりました。  やったね!! \(^ω^\)  J

0 コメント

ボストンピアノ 4

ボストンピアノの調整・重量調整が終わりました。

ここからが、調律師のだいご味でもある整音作業に

入ります。

整音とは、音・音色・音量等、ピアノから出る音を

作っていく作業です。

ここまでは、土台作りです。

静かな環境で音を作っていきます。( ̄ー ̄) S

0 コメント

ボストンピアノ 3

ボストンピアノの重量調整が終わりました。

今はダンパー調整をやっているのですが

ダンパー調整は重要な作業かつ難しいと

されています。

ピアノは、ダンパーによって思いどおりに

音をコントロールできるか決まってきます。

 

車でいうブレーキのようなものでしょうか?

(⌒_⌒)S

0 コメント

ボストンピアノ 2

ボストンピアノ215cmの整調が終わり、重量調整

入りました。

この重量調整は、整調がきっちりできていることが

非常に重要です。

重量調整を行ったピアノのタッ(=^_^=) チは、以前の

ピアノとは見違えります。

 

弾きにくいなーと感じてる方、ご検討ください。

 

写真は、不要な鉛を取っているところです。 S

 

0 コメント

ボストンピアノ

お盆休みやお正月休みを利用してピアノを修理される方がよくみえます。

今回は、ボストンGPの一番大きな215cmのピアノです。

他店で買ったボストンピアノが調子がいまいち良くならず、弊社で調整し直してほしいということでした。  弊社に入荷したボストンピアノは弊社独自で調整をし直していきます。 そのピアノを見た先生が是非とも自分のピアノも調整してほしいということでした。

 

必ず前のボストンとは違った全く新しいボストンピアノに生まれ変わります。  J

0 コメント

工房のお盆休み

お盆休みを利用して、岩手県の小岩井農場に

行ってきました。

道中、まったく車を見かけることなく、信号のない

雄大な草原の中を走っていくと、小岩井農場に

到着。

到着してビックリ!

いろいろな県からの観光客で一杯。

しかも、本当に岩手県?と思うほどの暑い1日でした。

 

小岩井農場の後は、岩手名物の1つ

【わんこそば】を頂いてきました。

僕の記録は、81杯。。。

一緒に行った先輩は120杯と完敗でした。

最初は、とてもおいしく頂いていたのですが、

後半は、苦しかったです。

 

被災地である岩手県は元気で一杯でした!

(o゚▽゚) S

0 コメント

お盆休み

日進工房も、もう少しでお盆休みに入ります。

明日は、その為午後から大掃除です。

 

工房は休みに入りますが、平針にあるショップ

休みなく営業していますので、この連休に

ピアノ選びはどうですか?

ピアノの購入は、とても時間がかかると思うので

こういった連休をうまく使うといいですよ!

(=^_^=) 

写真は、本日の作業でスプリング交換した時の

様子です。 S

0 コメント

スタインウェイ D型 オーバーホール 25

リボン
リボン

スタインウェイ D型 オーバーホールで、

低音・中音部にリボンをつけているところです。

ただの飾りではなく、余分な共鳴音を止める役割を

持っています。

このような部分もキッチリとすることによって、

ピアノに締りが出てきます。

撓むと見っともないですからね!(=^_^=) S

0 コメント

鍍金(メッキ)

スタインウェイのフレームのボルトの錆の浸食がひどかった為に新しく鍍金をし直してピカピカになりました。  そもそも鍍金とは金属などの材料の表面に、金属の薄膜を被覆した表面処理のことをいうのですが、みなさんが知っている有名な鍍金商品にはトタン、ブリキなどがあります。トタンは鉄に亜鉛を、ブリキはスズを鍍金したものなんです。

意外と身近に鍍金商品があるんですよ。(*^^)v   J

0 コメント

海水浴

海水浴
海水浴

昨日、プライベートで海水浴に行ってきました。

天気にも恵まれ、友人や先輩方の家族達と

大人数での楽しい時間を過ごせました。

海岸の砂浜でバーベキュー・海での

遊泳と子供たちも楽しそうだったですよ!

とてもいい1日でした。

この夏休みに海水浴どうですか?

(*´ヮ`*) S

0 コメント

スタインウェイ D型 オーバーホール 24

パンチングペーパーを新品に交換
パンチングペーパーを新品に交換

スタインウェイ D型 オーバーホールも内部作業に

なってきました。

 

今回のスタインウェイに使われていた

パンチングペーパーが古いうえボロボロだったので

新品に交換しました。

スタインウェイで使われているパンチングペーパーも

ひとあじちがいます。

ペーパーをロウでコーティングしてあるので、湿度の

影響をうけにくく、紙どうしの密着も非常によい為

変化が少ないです。

このような所にまで神経を使われているスタインウェイ!

さすがです。

( ̄ー ̄)ニヤリ  S

過去にもパンチングペーパーの記事がありました。

1 コメント

 次の月へ                                  ページTOPへ                   前の月へ