2012年1月 近況報告

ヤマハオーバーホール 5

全塗装の為、古い塗料を剥がしています。 今ではピアノにほとんど使われることのないカシュウーが使われていました。 全ての塗料を剥がし、新しい塗料に塗り替えます。 真黒になりながらの作業です。( ・ิω・ิ) J

0 コメント

ヤマハオーバーホール 4

続きを読む 0 コメント

オーバーホール C3 完成!

ヤマハ GP C3 のオーバーホールが完成しました!

 

傷が多いピアノでしたが

「傷どこ行った?」

と言いたくなるほど綺麗になりました。

もちろん内部も、響板・フレーム塗装、弦・ピン交換

全整調・整音・重量調整とフルコース。

試弾機もかけたのでやり残したことは何もありません。

当社のオーバーホール品が安定しているのも

この試弾機の力は大きいんです。

 

近日中にはショップに展示されるので是非

オーバーホール品とそうでないピアノを弾き比べて

みて違いを体感してみては?

ご自宅のピアノもこのように蘇りますよ!

ご検討下さい。(*^ー^)  S

 

オーバーホールの作業内容はここをクリックして頂くと

説明のページに飛びます。

0 コメント

試弾機

YAMAHA C3 オーバーホールも終盤です。

今日は、整調と第1整音が終わったので

試弾機にかけました。

全鍵盤を均一に動かすことによって、ピアノも

なじみ今後の変化も少なくさせることが出来ます。

試弾機をかけた後に、もう1度整調と整音を

することにより、安定した良いピアノが出来あがる

のです。 (*^^)v S

0 コメント

ヤマハオーバーホール 3

フレームを締め付けるねじが鍍金が完全に剥がれ、黒くさびています。

鍍金屋さんで鍍金しなおしてもらわねば!!

(๑・ิ◡・ิ๑)  J

0 コメント

ヤマハオーバーホール 2

弦を全てはずしチューニングピンを外している所です。

弦もピンも錆だらけで弦の張っている圧力も全くありませんでした。

フレームを上げた時に調整します。 J

0 コメント

ヤマハオーバーホール 1

ヤマハピアノのオーバーホールです。

製造番号からみると昭和20年代のピアノになります。

塗装も内部もかなり酷い状態ですが、かならず蘇りますのでお楽しみに。

極力アップしていけるようにがんばります。 J

0 コメント

ヤマハ C3 オーバーホール 

年末から取りかかっていたヤマハ C3 の

オーバーホールを引き続き作業進行しています。

工房には、現在GPのオーバーホール2台と

UPと複数のピアノが同時に作業されています。

沢山のピアノが修理待ちとなっているので

気合が入るスタートがきれています。

 

写真は、C3のオーバーホールでスプリング交換

したので、スプリングの強さを調整している

様子です。(^ー^) S

0 コメント

おめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

スタインウェイ受賞者記念コンクールや外回りの調律などで、工房で仕事をするのは、今日が新年最初の日になりました。

もうすぐ出来上がるスタインウェイD型の修理からのスタートです。

今年も忙しくなりそうなので、気合をいれてがんばります。 J

0 コメント

次の月へ                                   ページTOPへ                   前の月へ