スタインウェイアカデミー認定技術者 在籍

スタインウェイが認めるピアノ技術認定の最高位の資格です。


一級ピアノ調律技能士在籍

日本の国家資格である技能検定制度の一種です。

ピアノに関する学科及び実技試験で、ピアノ調律技能検定の最高位の資格です。


工房勤務したい方募集中!!

経験問いません。

一緒に働きませんか?

052-808-0273

お電話お待ちしてます♪♪


ご購入者様の声

 

当社でピアノをご購入していただいた方の

ご購入者様の声です。

 

実際に当社でピアノをご購入していただいた方々の直筆アンケートなので、ご購入を検討されるのに、とても参考になると思います。

オーバーホール

の詳細はこちらです



facebook始めました♪

 

工房のブログだけでなく、本社スタッフのブログも見られるので、ぜひ いいね してみてください(*゚▽゚)ノ





↑↑↑Instagramも始めました♪ ↑↑↑

インスタ映えなピアノ写真貼ってます。

 

 

 

 

 


 

外装クリーニング料金ページ

 

作りました♫詳細はこちらです。

 

お子さんやお孫さんにピアノを譲る方や、引っ越しついでに外装を綺麗に磨きませんか?

 

当社のクリーニングはポリッシャーで研磨しますので、新品の様に

ピカピカになります♪


 1973年の創業当時,殆どの楽器店がピアノ販売に力をいれる中で、弊社はすでに、ピアノの塗装・修理を行っていました。 その長年のノウハウで、現在では、フルコンサートピアノの全塗装、スタインウェイのオーバーホールに至るまで、どんなピアノでも修理することが可能になりました。

 弊社に大量に並んでいる中古ピアノ、お客様より依頼を受けた修理のピアノの全てが、この日進工房で1台1台大切に修理しピアノを生き返らせていきます。

ピアノに息吹が吹き込める様に技術者一人一人が日々精進しています。


更新履歴(ブログ)


グランドピアノ オーバーホール

写真のパーツはグランドピアノのハンマー単体です
右側の物はまだ穴あけされていないもので、左側は穴あけ済み
この穴もただ開ければいい訳じゃありません
角度や位置・サイズいろいろあります
これをキッチリしないと調整の際、ハンマーの間隔や角度がバラバラになり美しさも損ないますし、作業性も悪くなり良い事は何もありません
緊張感持って作業していきます
しゅんすけ@工房

1月も後半 中古ピアノ 修理中

年が明けたと思って緩んだ気持ちが引き締まってきたかな?
と思った頃には1月が終わりそうな程日時が進んでいて驚きを隠せないでいますσ( ̄∇ ̄;)
年が明けても修理ピアノは有難いことにたくさん頂いています
日々ピアノに携われる喜びを感じながら1台1台違うピアノと向き合っています
しゅんすけ@工房

仕事納め

あっという間の2019年でした
工房の仕事は昨日で終わりました。本日は大掃除です
このように写真を撮ると工房としてはそこまで汚くなさそうに見えるかもしれませんが、見えない所は大変なことになっています
自宅にあるピアノと同じですね(^◇^;)
外装は綺麗に見えても調律師さんがピアノを分解するとピアノの中は埃まみれ!
あとピアノの裏なんか目を当てられない状態になっていることもあります
ピアノの設置状況によっては調律師さんに頼めばピアノを動かしてピアノ裏をお掃除できるかもしれません
ピアノの裏をお掃除する仕事を始めてみようかな!と思うほどホコリが溜まっています(´-ω-)ウム
そんなこんなで本年も大変お世話になりました
m(_ _)m
更新率の低いブログですがこのようなペースで続けていきますので来年も宜しくお願いします
良いお年を♪
しゅんすけ@工房

中古ピアノ グランドピアノの調整

グランドピアノの外装磨きが終わると次は調整作業に入ります。
いくつもの工程があるのですが、今回のブログの画像だけではなんの事かさっぱり分からないと思います(;^_^A
指で示しているパーツが斜めに傾いているのが分かるかと思いますが、このパーツを正しい角度に調整しています
…。
地味です。
とても地味な作業の積み重ねが大事なんです
(´-ω-)ウム
しゅんすけ@工房

グランドピアノ タッチ調整?

グランドピアノの重量調整というタッチに直接的に影響のある作業をしています
ピアノはたくさんのパーツがあり、駆動部分も多いんです1つ1つ調整して動きを良くし正規の寸法に整調するだけでかなりピアノの持つ良いタッチが得られるのですが、それでもバランスが悪い場合は写真のような重量調整を行います
コレをするとタッチは見違えりますよ(´-ω-)ウム
しゅんすけ@工房

ホールで調律

今日は工房を飛び出し名古屋市千種区にある
【5/R HALL & GALLERY】さんにてコンサートの調律をしてきました
とてもお世話になっているホールなのですが、僕が調律で伺うのは2度目になります
お声かけさせて頂き写真を撮らせていただいたので載せておきますね
大きなホールでも使われる
【スタインウェイ D型】でフルコンサートピアノになります
これを111席で独占してピアノの音を堪能できるという贅沢な時間を提供していただけます
頻繁にコンサート等やっていますので、興味のある方はチェックして聞きに行ってみてはどうですか?
しゅんすけ@工房

黒や木目のピアノを白いピアノへ

最近Instagramでもちょくちょくアップさせて頂いてますが、お問い合わせも多く反響の大きさを実感しています
「自宅にある黒いピアノ又は茶色い木目のピアノを白いピアノに塗装できますか?」
とご連絡を頂くことが増えました
自宅のリビングには白いピアノが似合うというお部屋もあると思います
モノトーンで統一したい!
お子様が白いピアノを欲しがっている!
いろいろあると思いますが、では白いピアノに塗装し直すのは可能なのか?
これは【可能】です
もちろんピアノの状態によったりメーカー・つや出し・つや消し等でお値段も変わってきますので、ますはご連絡ください
一緒に考えていきましょう(*^^*)
しゅんすけ@工房

スタインウェイS型の整音作業です。

調律師の仕事には主に調律、整調、整音とありますが、最終段階で行われるのが整音です。    文字通り音を整えるわけですが、いくらキレイな調律が出来ていてもこの整音が出来ていなければそのピアノは台無しです。  整調も同じことが言えますが、パソコンで文字を打っていても調律の変換はすぐでてくるのにセイチョウ、セイオンは変換がすぐ出てこないようにあまり周知されていないのが現状です。 3つ作業全て大事です。  J


過去の近況報告(ブログ)は こちら


本社ブログ

スタインウェイ、中古ピアノなど色んなピアノのあるお店

100日後に変わる調律 (日, 29 3月 2020)
調律は実施する時期によって様々な影響を考える必要があります。 今日、このブログ作成日は3月29日ですが、気温もまだまだ寒い日もあり湿度もそんなには高くないですね。 ただ、これから100日(3ヶ月ちょっと)も経てば梅雨になっておりますので、湿度も今よりうんと高くなります。 気温も暑くなりますのでピアノへの(調律)影響は当然変わります。 特に湿度が上がるとピッチも上がる傾向になり、1音のユニゾン(3本弦)の関係も特徴的に変化します。 この辺りを考慮し調律する必要がありますが、やはり梅雨時は除湿機などをご用意いただき、多湿にならないように対策する必要があります。 本格的な梅雨の前に、今のうちから準備しましょう。 文章:桃太郎 8802364A-0EB4-4D0C-B62C-C7045388391E.jpeg 以前書いた「寒い日のピアノ調律」もご参考に。
>> 続きを読む

鍵盤専用クリーナーについて (Sun, 22 Mar 2020)
先日のブログで鍵盤の消毒について説明をいたしました。 →ブログ「鍵盤から始まる風邪対策」 ざっくりおさらいしますと、鍵盤をアルコール(エタノール)で拭くとヒビ割れる恐れがありますので使用せず、基本的に演奏前後にはしっかり手洗い、鍵盤は柔らかい布に少量の水を含ませて拭きましょう。 先日はこんな感じでお話しましたが、一応鍵盤用のクリーナーもありますので今日はこちらをお知らせします。 F8C37D5F-0774-4A19-9D81-AB151B741DFD.jpeg「キークリン」 鍵盤クリーナーの定番。 ほとんどの鍵盤に使用できます。 液体を布に含ませて拭くだけですので使いやすいですね。 ※ピアノ用の布も扱ってますよ。 この「キークリン」以外にもクリーナーはありますが、物によってはお使いの鍵盤の材質に合わない物もありますので、一応使用上の注意をご確認して下さい。 さて、それでも「知らずにアルコールで拭いてました」という方も、万が一鍵盤が割れてしまっても、鍵盤は貼り替えが出来ますので何かご心配でしたらいつでもご相談下さいませ。 文章:桃太郎
>> 続きを読む


ショップお知らせ・イベント情報一覧


新着情報 – 名古屋ピアノ調律センター

4/30まで!ボストン特別ローン (Sun, 22 Mar 2020)
  2020年は、通年で低金利ローンキャンペーンを実施しておりますが、それに加えて、今回期…
>> 続きを読む

イベント開催中止・変更につきまして (Sun, 01 Mar 2020)
3月のイベント一覧を更新させていただきましたが、新型コロナウイルスの感染の影響を考慮して、3/29(…
>> 続きを読む

今月のおすすめピアノ♪ (Sun, 01 Mar 2020)
*3月のおすすめピアノをご紹介いたします* ボストン GP-156PEⅡ ボストンピアノはスタインウ…
>> 続きを読む