スタインウェイアカデミー認定技術者 在籍

スタインウェイが認めるピアノ技術認定の最高位の資格です。


一級ピアノ調律技能士在籍

日本の国家資格である技能検定制度の一種です。

ピアノに関する学科及び実技試験で、ピアノ調律技能検定の最高位の資格です。


調律師募集してます

052-808-0273

お電話お待ちしてます


ご購入者様の声

 

当社でピアノをご購入していただいた方の

ご購入者様の声です。

 

実際に当社でピアノをご購入していただいた方々の直筆アンケートなので、ご購入を検討されるのに、とても参考になると思います。

オーバーホール

の詳細はこちらです



facebook始めました♪

 

工房のブログだけでなく、本社スタッフのブログも見られるので、ぜひ いいね してみてください(*゚▽゚)ノ





↑↑↑Instagramも始めました♪ ↑↑↑

インスタ映えなピアノ写真貼ってます。

 

 

 

 

 


 

外装クリーニング料金ページ

 

作りました♫詳細はこちらです。

 

お子さんやお孫さんにピアノを譲る方や、引っ越しついでに外装を綺麗に磨きませんか?

 

当社のクリーニングはポリッシャーで研磨しますので、新品の様に

ピカピカになります♪


 1973年の創業当時,殆どの楽器店がピアノ販売に力をいれる中で、弊社はすでに、ピアノの塗装・修理を行っていました。 その長年のノウハウで、現在では、フルコンサートピアノの全塗装、スタインウェイのオーバーホールに至るまで、どんなピアノでも修理することが可能になりました。

 弊社に大量に並んでいる中古ピアノ、お客様より依頼を受けた修理のピアノの全てが、この日進工房で1台1台大切に修理しピアノを生き返らせていきます。

ピアノに息吹が吹き込める様に技術者一人一人が日々精進しています。


更新履歴(ブログ)


古い中古ピアノ 弦交換

これだけ響板のニスが変色して埃がこびり付いて居ますが、ピアノ弦をせっかく交換するので古いニスを剥がして塗装し直します
道がいるほど綺麗になりますよ(*^^*)
ご自宅のグランドピアノの響板は綺麗な状態を保っていますか?
しゅんすけ@工房

鍵盤 魅惑的な白さ?

真っ白な歯の人って素敵ですよね!!(突然)

歯が綺麗なだけで一気に好印象になることってありませんか?輝く白い歯、素敵。


それはピアノも一緒なのです•̀.̫•́✧

正面から見たときに見える鍵盤の前面部。本来は白鍵盤の上面と同じように真っ白なのですが、年月が経つとだんだん色が変わってきてしまったり、時には変形してしまうことも……。


でも大丈夫。そんな時は弊社にお任せあれ•̀.̫•́✧


作業前と後で比較してみました。

茶色くなってしまっていた鍵盤の前面も、こんなに真っ白になります!

錆び付いていた鍵部分もピカピカに磨いたので、見違える程綺麗になりましたʕ•̀ω•́ʔ✧

同じピアノでも、この部分が綺麗になるだけでガラッと印象が変わりますね(*´ڡ`●)


みなさんのお持ちのピアノは真っ白で魅力的な鍵盤になっていますか(^^)?



おがた

本日の修理 ヤマハピアノ NoU2 クリーニング修理♪


ヤマハピアノのアップライトピアノのU2が入ってきました!

磨きクリーニング修理です。


修理前



長年の埃やよごれが染みついています。


磨きクリーニング後


すべてのパーツを研磨しました。

古いピアノですが、しっかり艶が出て、綺麗に蘇りました♪

長年クリーニングしていなくても、しっかり修理すれば直りますので、ぜひご相談下さい。

 

スタインウェイ 中古ピアノでも

工房にスタインウェイのC型が入ってきました
中古とはいえスタインウェイです
存在感がありますし、緊張感も出てきます
(´-ω-)ウム
現在、最終整音も終わりもう少しで展示される予定です
また1台ショップにスタインウェイが仲間入りしますよ(*^^)v
しゅんすけ@工房

本日の修理 WX5AWnC 塗装 クリーニング 修理


工房にYAMAHAピアノのWX5AWnC が入ってきました。

作業内容は、外装全塗装の修理です。

YAMAHAのWX5AWnCの外装は、色物の艶消しピアノになりますので、バフ掛けなどできない為、すべて塗装での修理になります。

外装全塗装修理と言っても、しっかり、内部、背面の掃除や、中のピンや弦などの金属部分の錆び取り、鍵盤クリーニングを行っています。


修理前


画像クリックで拡大できます。

外装が所々溶けているような感じの部分や、すり傷あて傷、めくれも見受けられます。

金属部分もくすんでしまっているので、研磨していきたいと思います。



修理後


画像クリックで拡大できます。

いかがでしょうか?

外装の艶感も蘇り、溶けた感じの傷やすり傷も新品同様に蘇りました。

金属パーツもピカピカになり、とても輝いています。

修理依頼していただいたお客様も大変満足していただいたようで、こちらも安心致しました。

古くなって傷だらけになっても、塗装することにより、しっかりと修理すれば、ほぼ新品同様の外装に戻す事ができますでので

修理をお考え中の方はぜひご相談ください♪


1 コメント

黒鍵貼り替え

中古ピアノをオーバーホールしています
その際、黒鍵をアクリルから天然黒檀に交換するので、アクリルを剥がしているところです
しゅんすけ@工房

中古ピアノをリニューアル

お気づきでしょうか?
黒鍵が剥がされていますね
当社ではオーバーホールする場合、黒鍵をアクリルから天然黒檀に交換しています
それだけではなく、ヒビの入っている白鍵も交換していきます
今回のピアノは全鍵盤貼り替えです( ー`дー´)キリッ
リニューアルピアノと言ってもどこからどこまでやるかはピアノ次第ですが、オーバーホールとなると徹底的に手を加えていきますよ(´-ω-)ウム
しゅんすけ@工房

スタインウェイS型の整音作業です。

調律師の仕事には主に調律、整調、整音とありますが、最終段階で行われるのが整音です。    文字通り音を整えるわけですが、いくらキレイな調律が出来ていてもこの整音が出来ていなければそのピアノは台無しです。  整調も同じことが言えますが、パソコンで文字を打っていても調律の変換はすぐでてくるのにセイチョウ、セイオンは変換がすぐ出てこないようにあまり周知されていないのが現状です。 3つ作業全て大事です。  J


過去の近況報告(ブログ)は こちら


本社ブログ

スタインウェイ、中古ピアノなど色んなピアノのあるお店

ペトロフピアノが生まれた国 (金, 19 4月 2019)
今年2019年はヨーロッパを代表するピアノメーカーのひとつ、PETROF社が創立155周年を迎えた年です! この度はそれに伴う記念祝典にご招待いただき、PETROFピアノ生まれの国・チェコへ出張して参りました 20190411_171254.jpg ペトロフの本拠地フラデツ・クラーロヴェーへ。 今回は製品、会社紹介などの説明やペトロフアーティストによるピアノコンサート、工場の見学を実施しました。 古い工場を改装、2017年にオープンしたペトロフギャラリーのショールームには、155周年の記念モデルや真っ赤なピアノ、卵型のピアノまで・・ デザインや装飾の豊かさにも定評のあるペトロフですが、斬新かつ美しいピアノの数々、ペトロフの美しい音色も堪能でき贅沢な時間でした    20190411_173146.jpg     チェコ料理もたっぷりいただきました。 チェコといえば特に有名なのがビール! 3口で撃沈する私は外観だけ楽しみましたが、皆さん美味しそうに飲んでいましたよ^^     20190408_094316.jpg1台のピアノになるまでの80%を手作業で行うペトロフピアノ。 工場では、木材のセレクトから始まり、職人の技によって丁寧に形が出来上がっていく様を間近で見ることができました! こちらはピアノの心臓部とも呼ばれる響板が接着されている様子です。 木目や質感などを入念にチェックし厳選された板を接着、1枚の響板を作っていきます。 ここまでじっくりと製造に力を入れるメーカーはなかなかありません。 あの温かみのあるロマンチックな音色には欠かせない作業ですね     さて、今回はペトロフ社について少しお話させていただきました。 ピアノ1台への熱意、さまざまな分野で研究を重ねる堅実な姿勢。 ペトロフピアノの奥深さについて私自身が納得することも多く、お客様へお伝えできることを喜ばしく思います。 チェコで生まれた良質な響きを是非体感してみてくださいね。           ・ ・ 余談ですが、プラハの駅内にアップライトピアノが置いてあることをご存知でしょうか? こういったピアノは通称「駅ピアノ」と呼ばれ、誰でも自由に弾けるように開放してあります。 以前、定点カメラで撮影して通りすがりに演奏する人々を特集する番組などもありましたが・・・    https://youtu.be/mWsRSJ7pg7A その1    https://youtu.be/eYZXYsvACqM その2    ・・・私達、弾いてきました!ひゃー! お客さんは電車を待つ人、たまたま側を通った人、鳩。 どきどきしましたが、演奏後はあたたかい拍手とお礼の言葉をいただき貴重な体験になりました。    また少しずつお話しますね 橋本
>> 続きを読む

古田友哉ピアノリサイタル開催決定 (Tue, 16 Apr 2019)
ちらし(片面)縮小.jpg3月に開催した丸山凪乃ピアノリサイタルに続く、(株)名古屋ピアノ調律センターリサイタルシリーズ2019 Vol.2の開催が決まりました。当社webページのイベント情報にも更新されていますが、6月22日(土)にナゴヤピアノコンサートサロンにて、古田友哉ピアノリサイタルを開催いたします。 古田さんは、岐阜市多治見市出身。菊里高校、桐朋学園大学を卒業後、ザルツブルグのモーツァルトテウム音楽大学へ留学され、多くの国内外のコンクールで入賞されているピアニストです。 開場が14時30分、開演が15時から。入場は大人2,500円、子供(小中学生)1,500円ですが、web申込に限り大人2,000円、子供(小中学生)1,000円になる割引があります。 演奏曲目は、ブラームス:3つの間奏曲op.117と、リスト:バラード2番s.171を予定しています。 詳細はイベントページをご覧ください。たくさんの方のご来場、お待ちしております h イベントページはこちらから web申込ページはこちらから
>> 続きを読む


ショップお知らせ・イベント情報一覧


新着情報 – 名古屋ピアノ調律センター

ゴールデンウィークの営業について (Thu, 18 Apr 2019)
2019年ゴールデンウィーク期間中の営業についてご案内です。   【ショールーム】 4月2…
>> 続きを読む

4/26まで!ボストン特別ローン (Tue, 09 Apr 2019)
  2019年は、通年で低金利ローンキャンペーンを実施しておりますが、それに加えて、今回期…
>> 続きを読む

【特選】今月のおすすめピアノ5選♪ (Thu, 04 Apr 2019)
*新品ピアノから中古ピアノまでオススメのピアノをご紹介します* ペトロフ P173 Breeze C…
>> 続きを読む