ピアノ調律師&見習い募集してます

調律師、調律師見習い募集中です。

特に、工房勤務希望の方 お待ちしております。

 詳しくはお問い合わせください。

052-808-0273


スタインウェイアカデミー認定技術者 在籍

スタインウェイが認めるピアノ技術認定の最高位の資格です。


一級ピアノ調律技能士在籍

日本の国家資格である技能検定制度の一種です。

ピアノに関する学科及び実技試験で、ピアノ調律技能検定の最高位の資格です。



ご購入者様の声

 

当社でピアノをご購入していただいた方の

ご購入者様の声です。

 

実際に当社でピアノをご購入していただいた方々の直筆アンケートなので、ご購入を検討されるのに、とても参考になると思います。

オーバーホール

の詳細はこちらです



facebook始めました♪

 

工房のブログだけでなく、本社スタッフのブログも見られるので、ぜひ いいね してみてください(*゚▽゚)ノ

調律師、調律師見習い募集中です!

 

詳しくはお問い合わせください。

052-808-0273


 

外装クリーニング料金ページ

 

作りました♫

 

お子さんやお孫さんにピアノを譲る方や、引っ越しついでに外装を綺麗に磨きませんか?

 

当社のクリーニングはポリッシャーで研磨しますので、新品の様に

ピカピカになります♪


 1973年の創業当時,殆どの楽器店がピアノ販売に力をいれる中で、弊社はすでに、ピアノの塗装・修理を行っていました。 その長年のノウハウで、現在では、フルコンサートピアノの全塗装、スタインウェイのオーバーホールに至るまで、どんなピアノでも修理することが可能になりました。

 弊社に大量に並んでいる中古ピアノ、お客様より依頼を受けた修理のピアノの全てが、この日進工房で1台1台大切に修理しピアノを生き返らせていきます。

ピアノに息吹が吹き込める様に技術者一人一人が日々精進しています。


更新履歴(ブログ)


フレーム外し

グランドピアノのフレームを外してます。
大人が大人数かけて持ち上げるという方法がありますがとても危険ですし、何より安全にやるには人手も沢山いります。

弊社工房だと写真の通り1人で楽に持ち上げれます
(*^^*)

何度もブログでフレームを外すところ載せている事に気付く今日このごろ(;^_^A

工房にいると常に作業しているので、インパクトあるのを書きたくなるんですよね(´-ω-)ウム
時には地味な作業でも載せてみるかな…

次回は地味な作業の様子を載せますね( ´ ▽ ` )ノ
しゅんすけ@工房

ピアノが裏返し?

必要であればグランドピアノを裏返して作業します。
裏返すことによって普段よりもやりやすくなる仕事があるんです。
それはグランドピアノの裏側のお掃除(*^^*)
ピアノは支柱という柱が数本あるのですが、その裏側を掃除するのは寝っ転がってグランドピアノの底に潜り込みながら拭きあげるのでとても窮屈です(;^_^A
作業によりたまたま裏返すのですが、こういったオマケのメリットがあると得した気分ですよね(*^^*)
しゅんすけ@工房

夏です。グランドピアノ磨いてます

夏場の工房内は日陰とはいえ風もないので熱が篭もります

僕はよく汗をかくので頭にタオルを巻いて日々外装磨いてますよ!(*^^*)

内部の調整や整音作業神経を使いますが、外装は体力仕事。水分補給しながらピカピカに磨いてみなさんの笑顔が映り込む綺麗なピアノに仕上げていきますね
(๑و•̀ω•́)و ガンバル

しゅんすけ@工房

劇的!!色物ピアノビフォー・アフター!!!


YAMAHA U5 修理


上前カバーの日焼けが凄く、跡がついてしまったり、色がムラムラになってしまった為、修理したいという事で、塗装する事になりました。こうゆう日焼け跡は、塗装しないと修理する事が出来ません。

 

作業開始していきます。


修理前


低音側

特に日焼けがひどく、元の塗料の色がなくなっていました。

正面

YAMAHA の文字や蝶番類も錆びてくすんでいます。

高音側脚

オシャレは脚元から…



修理後


低音側

日焼けもなくなり、U5本来の色合いになりました♪

正面

YAMAHA の文字や蝶番類もピッカピカですねー!

高音側脚

オシャレな脚元に生まれ変わりました。


日焼けもなくなり、新品のように生まれ変わりました!上前の日焼け跡も消えて、U5本来の色合いを取り戻しました。

 

お客さまの家にあるピアノでも

「上前のカバーの跡が気になる・・・。」

「ここの色が薄くなってるのが気になる・・・。」

「あて傷が多いので直して欲しい!!」

という方がいましたら、ぜひご相談下さい。

 

0 コメント

スタインウェイS型の整音作業です。

調律師の仕事には主に調律、整調、整音とありますが、最終段階で行われるのが整音です。    文字通り音を整えるわけですが、いくらキレイな調律が出来ていてもこの整音が出来ていなければそのピアノは台無しです。  整調も同じことが言えますが、パソコンで文字を打っていても調律の変換はすぐでてくるのにセイチョウ、セイオンは変換がすぐ出てこないようにあまり周知されていないのが現状です。 3つ作業全て大事です。  J


過去の近況報告(ブログ)は こちら


本社ブログ

スタインウェイ、中古ピアノなど色んなピアノのあるお店

素敵なピアノに素敵な椅子を (日, 24 9月 2017)
当社ではピアノだけではなく様々な椅子もご用意しております。 この様な色みのピアノでも IMG_6987.jpg 同じ色の椅子を付けたらもっとお洒落ですね。 IMG_6988.jpg この茶色のピアノには茶色の椅子もいいですが… IMG_6991.jpg こちらの赤い座面だとより一層カッコイイ印象に…! IMG_6992.jpg ピアノの様々な色に合わせて椅子もご用意致します。 たかが椅子…と思ってる方、見た目で愛着が湧いて一層やる気になるものです。 椅子がかっこいいから!と、ピアノの前に毎日座りたくなるようなら 子どもが続けるか心配という不安も解消…なんてこともあるかもしれません。 もちろんピアノが好きで練習してくれる事に越した事はありませんが。 他にもこんな丸椅子や… IMG_6993.jpg スタインウェイはカッコよくロゴ入りの椅子でキメてみては?IMG_6995.jpg 自分だけの素敵なピアノには素敵な椅子をつけてずっと末長く使ってくれたらいいなと思っています。 またベンチ椅子だけではなく、背付き椅子もご用意があります。 椅子だけの購入も可能ですので見た目や座り心地を確かめに是非一度ご来店してみてはいかがでしょうか。 谷口
>> 続きを読む

ようこそ なまりパークへ (水, 20 9月 2017)
ピアノのタッチを決める上で「重量」という要素があります。 ピアノ調整には様々な項目があって最終的にタッチが決まりますが、その中で「鉛(なまり)」を使った「重量調整」というものがあります。 15047682406683.jpg 鍵盤の側面に銀色した円形の物体が叩き込まれております。 これが「なまり」ですね。 写真では4種類大きさが違うものが並んでおります。 一番小さいものでチョコベビーを気持ち大きくした雰囲気。だんだんと大きくなるに伴い重量・重さが増えるわけですね。 で、この鉛を鍵盤の適所に埋め込んで適切な重量を決めます。 ピアノによって違いますけど、一例ですが「低音52グラム~高音47グラム」といった重量です。 ここでいう52グラムというのは、「52グラムの「おもり」を鍵盤先端に乗せた時に鍵盤が適切に下がる」という測り方です。重量は軽すぎても重すぎてもいけません。しかも「下がる重量」も大切ですが「上がる重量」も大切ですので奥が深い。 15047682477394.jpg次の写真はグランドピアノの内部ですが、銀色した円形の鉛、どこのあるか分かりますか? これは、弦振動を止めているダンパーから来た付け根部品に付いています。 グランドピアノのダンパーは部品の自重によって音を止めていますので、音域によっては木部品に鉛を仕込んでいるわけです。 さて、ざーっと説明しました鉛ですが最後に補足。 鍵盤の鉛は案外と精密に入っていません。 もちろんある程度法則性をもって鉛入れがしてありますが、鍵盤一つ一つきちんと測ると結構ばらばらです。 そこで、この鉛の入っている位置や種類(大きさ・重さ)を適切に入れ直しますと、タッチはかなりの統一感をもってきます。 ただ、作業的には結構手間がかかる作業になりますので、多くのピアノでは細かい重量調整はされていない事も事実です。 ただ、弊社のオーバーホール修理ではこういった重量調整も細かく詰めて作業しておりますので、タッチの良さをご実感頂けるでしょう。 ご興味ありましたらぜひ。 文章:桃太郎
>> 続きを読む


ショップお知らせ・イベント情報一覧


スタインウェイ 愛知県・岐阜県・三重県 正規ディーラー【名古屋ピアノ調律センター】/中古ピアノ販売 » 新着情報

11月4日(土)クリストフ・コンツ ヴァイオリンコンサート! (木, 14 9月 2017)
クリストフ・コンツ ヴァイオリンコンサート ウィーンの伝統を引き継ぐ若き巨匠、名古屋上陸! 2017年11月4日(土)16時より、ナゴヤピアノコンサートサロンにて、クリストフ・コンツ×アンナ=マグダレーナ・コーキッツによ […]
>> 続きを読む

夏の終わりに模様替え!インテリアに合わせて購入したいピアノ5選 (月, 21 8月 2017)
〈 ペトロフP-173 Breeze〉 ペトロフは今では珍しい、純ヨーロッパ製のピアノです。現代の技術を取り入れながらも、大部分を職人が手作りで造っている、ピアノ作りに真面目なメーカーです。そして、品質の良さはもちろん、 […]
>> 続きを読む

第4回スタインウェイ・コンクール in Japan について (日, 25 6月 2017)
第4回スタインウェイ・コンクール in Japan は、2017年10月中旬から全国8会場にて地区審査会を開催されます。名古屋地区審査会は、10月28日(土)、29日(日)の2日間です。 参加申し込み受付がスタートしまし […]
>> 続きを読む