スタインウェイアカデミー認定技術者 在籍

スタインウェイが認めるピアノ技術認定の最高位の資格です。


一級ピアノ調律技能士在籍

日本の国家資格である技能検定制度の一種です。

ピアノに関する学科及び実技試験で、ピアノ調律技能検定の最高位の資格です。



ご購入者様の声

 

当社でピアノをご購入していただいた方の

ご購入者様の声です。

 

実際に当社でピアノをご購入していただいた方々の直筆アンケートなので、ご購入を検討されるのに、とても参考になると思います。

オーバーホール

の詳細はこちらです



facebook始めました♪

 

工房のブログだけでなく、本社スタッフのブログも見られるので、ぜひ いいね してみてください(*゚▽゚)ノ





↑↑↑Instagramも始めました♪ ↑↑↑

インスタ映えなピアノ写真貼ってます。

 

 

 

 

 


 

外装クリーニング料金ページ

 

作りました♫詳細はこちらです。

 

お子さんやお孫さんにピアノを譲る方や、引っ越しついでに外装を綺麗に磨きませんか?

 

当社のクリーニングはポリッシャーで研磨しますので、新品の様に

ピカピカになります♪


 1973年の創業当時,殆どの楽器店がピアノ販売に力をいれる中で、弊社はすでに、ピアノの塗装・修理を行っていました。 その長年のノウハウで、現在では、フルコンサートピアノの全塗装、スタインウェイのオーバーホールに至るまで、どんなピアノでも修理することが可能になりました。

 弊社に大量に並んでいる中古ピアノ、お客様より依頼を受けた修理のピアノの全てが、この日進工房で1台1台大切に修理しピアノを生き返らせていきます。

ピアノに息吹が吹き込める様に技術者一人一人が日々精進しています。


更新履歴(ブログ)


中古ピアノ 金属パーツ

写真のパーツはグランドピアノの脚に付いているキャスターです
ワンちゃんが粗相をしちゃった結果大変な錆が発生してしまい見た目だけでなくキャスターの機能を果たせなくなってしまっています
そんなキャスターも当社ではしっかり復活させピカピカにする事が可能です
しかし、キャスターの芯棒がボロボロになり強度が心配な場合は新品に交換対応する事もあります
状況により臨機応変に対応しますが、やっぱり金属パーツはピカピカに輝いていると気持ちが良いですよ(*^^*)
しゅんすけ@工房

仕事がある喜び

世の中大変な事になっています
今、仕事が出来ている事を喜んで良いのか。。。
それさえもどう表現して良いのか分からない世の中ですが、やれる事を日々一所懸命やっています
しゅんすけ@工房

グランドピアノ オーバーホール

写真のパーツはグランドピアノのハンマー単体です
右側の物はまだ穴あけされていないもので、左側は穴あけ済み
この穴もただ開ければいい訳じゃありません
角度や位置・サイズいろいろあります
これをキッチリしないと調整の際、ハンマーの間隔や角度がバラバラになり美しさも損ないますし、作業性も悪くなり良い事は何もありません
緊張感持って作業していきます
しゅんすけ@工房

1月も後半 中古ピアノ 修理中

年が明けたと思って緩んだ気持ちが引き締まってきたかな?
と思った頃には1月が終わりそうな程日時が進んでいて驚きを隠せないでいますσ( ̄∇ ̄;)
年が明けても修理ピアノは有難いことにたくさん頂いています
日々ピアノに携われる喜びを感じながら1台1台違うピアノと向き合っています
しゅんすけ@工房

仕事納め

あっという間の2019年でした
工房の仕事は昨日で終わりました。本日は大掃除です
このように写真を撮ると工房としてはそこまで汚くなさそうに見えるかもしれませんが、見えない所は大変なことになっています
自宅にあるピアノと同じですね(^◇^;)
外装は綺麗に見えても調律師さんがピアノを分解するとピアノの中は埃まみれ!
あとピアノの裏なんか目を当てられない状態になっていることもあります
ピアノの設置状況によっては調律師さんに頼めばピアノを動かしてピアノ裏をお掃除できるかもしれません
ピアノの裏をお掃除する仕事を始めてみようかな!と思うほどホコリが溜まっています(´-ω-)ウム
そんなこんなで本年も大変お世話になりました
m(_ _)m
更新率の低いブログですがこのようなペースで続けていきますので来年も宜しくお願いします
良いお年を♪
しゅんすけ@工房

中古ピアノ グランドピアノの調整

グランドピアノの外装磨きが終わると次は調整作業に入ります。
いくつもの工程があるのですが、今回のブログの画像だけではなんの事かさっぱり分からないと思います(;^_^A
指で示しているパーツが斜めに傾いているのが分かるかと思いますが、このパーツを正しい角度に調整しています
…。
地味です。
とても地味な作業の積み重ねが大事なんです
(´-ω-)ウム
しゅんすけ@工房

グランドピアノ タッチ調整?

グランドピアノの重量調整というタッチに直接的に影響のある作業をしています
ピアノはたくさんのパーツがあり、駆動部分も多いんです1つ1つ調整して動きを良くし正規の寸法に整調するだけでかなりピアノの持つ良いタッチが得られるのですが、それでもバランスが悪い場合は写真のような重量調整を行います
コレをするとタッチは見違えりますよ(´-ω-)ウム
しゅんすけ@工房

スタインウェイS型の整音作業です。

調律師の仕事には主に調律、整調、整音とありますが、最終段階で行われるのが整音です。    文字通り音を整えるわけですが、いくらキレイな調律が出来ていてもこの整音が出来ていなければそのピアノは台無しです。  整調も同じことが言えますが、パソコンで文字を打っていても調律の変換はすぐでてくるのにセイチョウ、セイオンは変換がすぐ出てこないようにあまり周知されていないのが現状です。 3つ作業全て大事です。  J


過去の近況報告(ブログ)は こちら


本社ブログ

スタインウェイ、中古ピアノなど色んなピアノのあるお店

グランドとアップライトどっちが良いの? (水, 03 6月 2020)
アップライトピアノとグランドピアノ、どちらが良いかと言えば…。 物事には「良し悪し」二択のみでは振り分けられませんが、グランドピアノであるメリットはかなり多いです。 特にタッチ感、音のダイナミクス、これらはそのまま弾き手の表現力に直結する要素です。 タッチに関しては連打性や鍵盤の反応においてもグランドピアノは有利な点が多く、アップライトで出来なかった事がグランドになる事で出来る様になる、という事があります。 音質では低音域から最高音域までバランスよく耳に届き、繊細な表現力に繋がっていきます。 E0FC65E2-2234-4867-8A46-285332F0197C.jpeg しかしながら、アップライトピアノの良さと言えばやはりサイズ感と使い勝手。 現実的に、ご家庭に設置して共に生活するわけですので設置面積は考慮する必要があります。 さらには、木目などデザインも含めてアップライトピアノの方が選択肢は多くなります。 最後に価格帯ですが、確かにアップライトの方がお値打ちにはなります。 しかし昔に比べグランドピアノも中古の流通が多くなりましたので、お部屋へのサイズ感をクリア出来、将来性を考慮すればグランドピアノ設置もありです。 まずはグランド・アップライト共に多くの台数を比べてみてご検討してみてはいかがでしょう。 6月のおすすめピアノ♪ 文章:桃太郎
>> 続きを読む

【動画】音が出た後の音 (Sat, 30 May 2020)
ハンマーが弦を打った後の話ですが、そのハンマーがどの位置で止まるかで音が変わります。 ピアノタッチは「重い」「軽い」など、ある意味ストレートな印象で判断も出来ますが、弾いている事で判断出来る要素(表現力)もピアノタッチに含まれます。 AB8E6AAE-E0E3-4E77-980A-D2F6922EBBD7.jpegハンマーが止まる位置によって、連打性はもちろんダイナミクスや音色まで変わります。 ハンマーバックストップといいますが、この調整は鍵盤深さとも関係が大きいので鍵盤調整全般をとおして確認する必要があります。 なお、このハンマーを受け止める部品も使用頻度によって消耗が進みますので、交換時期が来たら修理してあげる必要があります。 さて、このバックストップ調整について私自身で解説しとりますので、動画もご覧いただければよりご理解が深まるかと思います。 https://youtu.be/EeBnw5friHk 文章:桃太郎
>> 続きを読む


ショップお知らせ・イベント情報一覧


新着情報 – 名古屋ピアノ調律センター

今月のおすすめピアノ♪ (Mon, 01 Jun 2020)
*今月のおすすめピアノをご紹介いたします* ボストン GP156PEⅡ  スタインウェイが設計した第…
>> 続きを読む

ご来店並びに調律へご訪問させて頂くお客様へ (Sun, 31 May 2020)
平素は名古屋ピアノ調律センターをご利用いただき、厚く御礼申し上げます。 当店では今回の感染症拡大防止…
>> 続きを読む

ミニコンサート オンライン配信決定♪ (Sun, 17 May 2020)
当社恒例イベント「調律師がスタインウェイを弾くミニコンサート」。 “ステイホームR…
>> 続きを読む