スタインウェイアカデミー認定技術者 在籍

スタインウェイが認めるピアノ技術認定の最高位の資格です。


一級ピアノ調律技能士在籍

日本の国家資格である技能検定制度の一種です。

ピアノに関する学科及び実技試験で、ピアノ調律技能検定の最高位の資格です。



ご購入者様の声

 

当社でピアノをご購入していただいた方の

ご購入者様の声です。

 

実際に当社でピアノをご購入していただいた方々の直筆アンケートなので、ご購入を検討されるのに、とても参考になると思います。

オーバーホール

の詳細はこちらです



facebook始めました♪

 

工房のブログだけでなく、本社スタッフのブログも見られるので、ぜひ いいね してみてください(*゚▽゚)ノ

 

インスタ映えなピアノ写真貼ってます。


 

外装クリーニング料金ページ

 

作りました♫

 

お子さんやお孫さんにピアノを譲る方や、引っ越しついでに外装を綺麗に磨きませんか?

 

当社のクリーニングはポリッシャーで研磨しますので、新品の様に

ピカピカになります♪


 1973年の創業当時,殆どの楽器店がピアノ販売に力をいれる中で、弊社はすでに、ピアノの塗装・修理を行っていました。 その長年のノウハウで、現在では、フルコンサートピアノの全塗装、スタインウェイのオーバーホールに至るまで、どんなピアノでも修理することが可能になりました。

 弊社に大量に並んでいる中古ピアノ、お客様より依頼を受けた修理のピアノの全てが、この日進工房で1台1台大切に修理しピアノを生き返らせていきます。

ピアノに息吹が吹き込める様に技術者一人一人が日々精進しています。


更新履歴(ブログ)


グランドピアノ キャスター

グランドピアノのキャスターを磨いています
ご自宅にあるキャスターは輝いていますか?
こういうパーツって、知らないうちに少しづつ変色していくので気づかないですよね(´-ω-)ウム
写真のように磨けばピカピカに蘇ります
鍵盤蓋のロゴも同じことが言えます
グランドピアノは内部の調整がしっかりしてあって初めて良いタッチ・良い音が出せるので、工房に入れて調整する際は外装磨きと同時に作業をする事をお勧めします
外装も新品のように蘇りますし、キャスター等の金属パーツも綺麗に輝きを取り戻しますよ(*´罒`*)
しゅんすけ@工房

古いアップライトピアノ 修理

とても古いアップライトピアノの修理を行っています。
お客様の予算に合わせて作業いたしますよ(*^^*)
何でもかんでも直したいのは誰しも思う事だと思いますが、それだと当然予算も上がります
そこで相談して頂きたいのが当社スタッフになるのです。
もちろん毎年調律に伺っている担当の調律師に相談するのもGoodですd('∀'*)
全員調律師ということもありお客様のピアノを拝見し必要な修理内容をご提案させていただきます
もちろん予算を教えて頂ければ、その予算の中でどのような修理をするべきか最善の判断をします。
お客様のイメージで「〇〇の修理をして欲しい」というご依頼ですと見当違いな事も多々あります。
外装に関しては見た目ですので、倒したいところを言っていただければ対応いたします。
お気に入りのピアノを自分の子供達や親戚や知り合いに譲る際も修理をして渡したいですよね。
もちろん、大人になってもまたピアノやりたい!って時にもオススメです(*^^*)
迷ったらまず相談してください( ´ ▽ ` )ノ
電話(052-802-1155)・メールFacebookInstagramTwitterと色々やっていますので、気軽に使いやすいところからでOKですよ(>▽<)b OK!!

しゅんすけ@工房

グランドピアノ コレなんだ?

これはグランドピアノのあるパーツです。
これはダンパーガイドレールというダンパーのワイヤーを通している部分です
見ようと思えば見れるかな?
マニアック過ぎるので、何のことか分からなくていいんです。
こんなお客様から見て何のことか分からないことが沢山あってそれがこのように丁寧に作業されることで良いピアノかそうでないピアノの分かれ道になるわけです
見えないところの大事さを感じて頂きたいので、ネットで購入するのではなく実際に試弾しに当社ショップにお越し頂きたいと切に願います(^人^)
ちなみに、この写真のパーツで交換している赤いクロス。これを交換した事ある調律師さんは意外と少ないと思いますよ(´-ω-)ウム

しゅんすけ@工房

アルコールランプ

ピアノの調整にはたくさんのマニアックな工具を使用してピアノの調子を整えていくのですが、そんな中アルコールランプも使用します。
ピアノは木材を使用しているので、木が捻れて正しい位置に無い事が起こります。
そういった場合、このアルコールランプを使用して正しい位置に捻り直します。
当然火気厳禁であるホールなのではアルコールランプに変わる熱を発生する工具にて対応します。
アルコールランプの場合、暖まる時間を待つこと無くすぐ作業に取り掛れるというメリットと、やはり高温ですし電気コードも無いので取り回しも楽で作業効率が良いところが特徴です。
弊社では、火気を扱うわけですので細心の注意を払うだけでなく、写真のような専用の台を使って周りへの安全性を高めています。
こういう台も手作りなので愛着も湧いてきますね(*^^*)
しゅんすけ@工房

グランドピアノ オーバーホールの仕上げ

オーバーホールも完成したら、最後に専用のアイロンを使ってハンマーの毛羽立ちを整えます。
ハンマーだけではなくローラー部分も同様です
この毛羽立ちは馬鹿にできません
隣同士の毛羽立ちが触れ合うことで鍵盤の重量に変化が出ます。
タッチの微妙な重さが変わるといえばわかりやすいでしょうか。細かい話ですが、そのグラム単位まで計って調整しているので、この毛羽立ちですら敏感に感じ取れます。
ハンマーの見た目を綺麗に整える事も当然ですけどね(*^^*)
しゅんすけ@工房

ピアノ探しの参考にどうぞ

当社は自社のアピールが得意な会社ではありません(;^_^A
職人気質で恥ずかしがり屋が多いからかな?(^◇^;)
そんな時に僕らの励みになり、これからピアノ探しをしている方の参考になるのではないか?と思うのが当社のホームページ内にある【お客様の声】だと思っています。
これはお客様本人に直筆で書いて頂いているのが多くリアルな声になっています。
工房で働いていると僕らの手掛けたピアノをどのような想いで購入していただけたのか?
当社の販売員のピアノ愛がお客様に伝わっているのかな?という面が分からないことがあるのですが、ここを見ると伝わってきます(*^^*)
僕ら自身もここを見て喜びを感じてるのはここだけの秘密です(*´罒`*)
なかなかお客様の喜んでる姿やお言葉に触れることの出来ない工房組ですが、こうやってリアルな声を見る事で、また明日からの活力になっています
(๑و•̀ω•́)و ガンバレル!
ぜひお客様の声を参考にしてみてください
下にリンク貼っておきますね!

しゅんすけ@工房

ヤマハピアノ GP修理

ヤマハのグランドピアノ修理に取り掛かっています。
弦やピンを取り外し、クレームまで取り外しました。
ここまで分解すると普段出来ない所まで掃除できますね(*^^*)
今回はフレーム塗装や響板塗装も行うので、塗装前の下処理も同時に施します。
古いピアノでもここまで手を加えると完成した時には新品のように綺麗に蘇りますよ(*´罒`*)

しゅんすけ@工房

スタインウェイS型の整音作業です。

調律師の仕事には主に調律、整調、整音とありますが、最終段階で行われるのが整音です。    文字通り音を整えるわけですが、いくらキレイな調律が出来ていてもこの整音が出来ていなければそのピアノは台無しです。  整調も同じことが言えますが、パソコンで文字を打っていても調律の変換はすぐでてくるのにセイチョウ、セイオンは変換がすぐ出てこないようにあまり周知されていないのが現状です。 3つ作業全て大事です。  J


過去の近況報告(ブログ)は こちら


本社ブログ

スタインウェイ、中古ピアノなど色んなピアノのあるお店

音を楽しむ、と書いて“音楽” (水, 16 5月 2018)
s-image1 (13).jpg昨日弊社からスタインウェイを納入したジャズバーでピアニストをお招きしての演奏があるとの事だったので、 社長と演奏を聴きに行ってきました! 納品した後どのように使われていくかを見届けるのは私たちにとって責任もあり、楽しみでもあります♪ ピアニストはサイラス・チェスナットさん。 そしてジャズベーシストの中村健吾さん。 デュオもあり、ソロもあり、です。 s-image1 (12).jpgお店に入ると…、ありました!スタインウェイ。 サイズ感もぴったりです。 私はずっとクラシックをメインにやってきたので正直ジャズってどんな感じなんだろうと新鮮な気持ちで聴いていましたが、いい意味で形式ばらずに心の底から音楽を楽しんでいるように感じました。 奏者さんの楽しい感じがこちらも伝わってきて、演奏中もニコニコしていて、クラシックとはまた違う世界観ですね。 ゆるく演奏していたかと思いきやいきなりぴったりとカッコよく音が重なったり、会場全体の空気を操られているかのようでした。 s-image2.jpg今回の演奏でジャズの魅力に目覚めた感覚です。…というより音楽っていろんな楽しみ方があるなと感じさせられました。 ピアノといえば「クラシック」と思いがちですが、ジャズやポップスや映画音楽や本当に色々なジャンルがありますよね。 そのジャンルの特性をピアノでどう表現するか(したいか)を追求することに音楽の楽しみってあるのではないでしょうか。 最後にサイラス・チェスナットさんに言われたのは 「自分が楽しい演奏をすれば、聴いてる人も楽しくなる、更に自分も幸せになれる。」 この言葉に心打たれました。 私は演奏家ではないですが…調律師として多くの人に音楽の楽しさを伝えていけたら、と思います。 ひっそりとレッスンも頑張ります。 谷口
>> 続きを読む

若松成さんリサイタル (月, 14 5月 2018)
IMG_1313.jpg5月12日(土)に弊社創業45周年リサイタルシリーズ第3弾を開催しました。 ピアニストは若松成さんです。 イメージカラーは緑。すっかり桜も散ってこの季節にぴったりな色ですね。 そして看板も弊社スタッフがかっこよく作ってくれました! 以下プログラムです。 ハイドン ・ピアノソナタNo.31] Hob.46 第一楽章 アレグロモデラート 第二楽章 アダージョ 第三楽章 フィナーレ、プレスト ショパンIMG_1315.jpg ・マズルカ 作品24-2 ・マズルカ 作品33-4 ・バラード 第3番 ~休憩~ シューベルト ・ピアノソナタ第13番 第一楽章 アレグロモデラート 第二楽章 アンダンテ 第三楽章 アレグロ ベートーヴェン ピアノソナタ第31番 作品10 第一楽章 モデラートカンタービレ モルト エスプレッシーボ 第二楽章 アダージョ 第三楽章 フィナーレ、プレスト そしてアンコールにはシューマンを弾いてくれました♪ IMG_2492 (1).jpg少しでもリラックスできる空間を提供したいと思い、休憩時にはお菓子と飲み物を出してるのですが… いつもお菓子の減りが早いです!(笑) お腹がすく時間なんですよね、今回も皆さんおいしそうにお菓子を食べていましたのでバシャリ。賑わっていましたよ♪ IMG_1316.jpg私も後半聴いていましたが、暖かな演奏でホール全体が癒しの空間でしたね。 若松さん、素敵な演奏をありがとうございました。 最後にスタッフとパシャリ。 さて、まだまだ皆さんに喜んでもらえるような企画を考えていますのでお楽しみに! 谷口
>> 続きを読む


ショップお知らせ・イベント情報一覧


新着情報 – スタインウェイ 愛知県・岐阜県・三重県 正規ディーラー【名古屋ピアノ調律センター】/中古ピアノ販売

特選・ボストンスペシャル! (月, 14 5月 2018)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― スタインウェイのブランドであるボストンピアノ。ピアノの魅力をたっぷりとお伝えいたします。この春ピアノを習い始める […]
>> 続きを読む

盛況のうち終了いたしました。5/12(土)若松成ピアノリサイタル (日, 18 3月 2018)
以下のイベントは盛況のうち終了いたしました。当日の様子です。 http://nagoyapiano.blog.so-net.ne.jp/2018-05-14 弊社創業45周年を記念いたしまして、リサイタルシリーズ第3回目 […]
>> 続きを読む

盛況のうち終了いたしました。務川慧悟ピアノリサイタル (月, 12 2月 2018)
以下のイベントは盛況のうち終了いたしました。当日の様子です。 http://nagoyapiano.blog.so-net.ne.jp/2018-04-09 弊社創業45周年を記念いたしまして、リサイタルシリーズ第2回目 […]
>> 続きを読む