ブログカテゴリ:201106



25日 4月 2012
当社には、自社工房が2つあり、自社倉庫は3つあります。 今回は、その中の倉庫をピックアップします。 左側の写真は、平針工房の2階にある倉庫です。 白いカバーがかかっているアップライトピアノは作業が 終わりいつでも販売可能な在庫たち。 奥にグランドピアノも並んでいますね! 右側の写真は、日進工房の隣にある日進倉庫。...
30日 6月 2011
今日は作業台作りです。 良い仕事は良い環境からといいますが、治具作りや工具作りは、より良い仕事をする為に非常に大切な仕事です。 木工作業は好きなので、楽しみながらやってます。o(^o^)o J

29日 6月 2011
スタインウェイ D型の弦圧やその他の寸法等のデータを取り終わったので、 ピアノ弦を外しているところです。 今まで、沢山の人に感動を与えてくれた弦なんだなぁと思うと、このピアノ修理に 一層責任感が生まれてきました!(≖ ‿ ≖)✧ S
28日 6月 2011

25日 6月 2011
スタインウェイ C型 が完成し、ショップに展示されたのと同時に、次のスタインウェイの オーバーホールが日進工房に入ってきました。 今度は、D型(フルコンサート)です。 さすがにフルコンとなると大きく迫力があります。 奥行274cmあってもまだ、作業スペースにゆとりがある工房で、他にもアップライトピアノ2台と、 もう少しで別のピアノも作業するようです。...
24日 6月 2011
ヤマハピアノ W-104 外装修理が終わったので、整調作業に入ります。 まず、動きの悪いものをチェックして直していった後整調を行います。 今回のピアノは、動きの悪いところがあったので修理しました。 それがセンターピン交換で1番左の写真です。全個所チェックしてあるので安心です。...

23日 6月 2011
先日、お客様よりピアノが共鳴していると連絡がありお邪魔してみると、昨日まで鳴っていた共鳴の音が、今日は全く鳴っていないという状態でした。 鳴っていれば出所を探して直すことが可能なのですが、鳴っていないとどうすることもできません。 実はこういうことは良くあることで、温度変化や湿度変化によってピアノの状態も変化する為、共鳴音が出たり出なかったりするということです。 ピアノは生きていると感じる瞬間でもあります。(∩_∩) J
23日 6月 2011
ヤマハの中古ピアノ W-104 の外装修理が 終わりました。 キズもなくなり、とっても綺麗に生まれ変わり ました♪ 本来、W-104は艶出しなのですが色合いが 強いため艶消し塗装を施しました。 とても綺麗に仕上がりましたので、是非見に 来て下さい。 ご自宅のピアノにキズがついたり、艶が無い など気になる点があったら、ご相談に乗ります のでお問い合わせ下さい。...

22日 6月 2011
ヤマハの中古ピアノの修理をしています。 機種は、W-104です。 外装塗装の下準備が出来てきたので、塗装に入ります。 一番左の写真は、一気に全パーツを塗装したところです!塗装室が広い!(^0^) 塗装を乾かしている間に、黄ばみのひどかった鍵盤木口交換や蝶番磨きを行っています。...
21日 6月 2011
スタインウェイの整音です。 針を刺している所ですが、どの太さの針をどれぐらいの深さで、どこに何回刺すかがとても重要で音を聞いてハンマーの硬さを感じながら刺していきます。 この作業でピアノの音の性格が決まります。 (・∀・)イイネ!!  J

さらに表示する