試弾機の時間

第1調整が終わり試弾機にかける時間がやって

きました。

オーバーホールの時はハンマー・弦・内部パーツを

交換するので、試弾機で均等に弾きこんだ状態を

作ることが必要になってきます。

フェルト等が多数使用してあるので、試弾機により

安定して変化の少ない状態になるので欠かせません。

 

この後、変化した分を再度整調することで完成です。

(o゚▽゚)  S

 

☆それにしても試弾機にかけてる間、会話が出来

ないほどの音量になるのでテンション下がりますが

これも良いピアノにするため!がんばりますよー!