中古ピアノも新品ピアノも

写真は何かというと鍵盤に入った鉛を

抜いて埋め木をしたところです。

 

なぜそのような事をするかというと、

しっかりと調整されたピアノでもタッチが

重かったり軽かったり・バラツキ・もたつき・と

必ずしも弾きやすいとは限りません。

 

そういったとき、この鍵盤に埋め込まれた

鉛の出し入れでタッチの最終調整を行います。

当然ただ出し入れするのではなく、入れる鉛の

大きさや位置や数とさまざまです。

 

この重量調整までやるととても弾きやすい

ピアノへと生まれかわるのですが、なかなか

出来るのもではありません。

 

弊社のショップに展示されてるオーバーホール

された中古ピアノはもちろん、新品ピアノでも

必要があれば行っているんですよ!

店員に重量調整してあるピアノとしてない

ピアノを教えてもらい弾き比べてみるのも

面白いかもしれませんね!(^-^) S