中古ピアノ修理の定跡

中古ピアノを工房ではたくさん修理することが

多いのですが、外装磨きや塗装といった

大がかりな作業だけでなく繊細な作業も

たくさん存在します。

 

写真はピアノ内部の作業の様子ですが

ハンマーの動きの支点に不具合があり動きが

悪くなっている事がよくあります。

この動きのチェック・修理はピアノ修理の世界では

定跡なのですが、ここの動きを直さなくても

ピアノは音が出ることがあるので放置されるケースも

少なくありません。

弊社では、定跡というだけあって全てのピアノに

おいてチェックし対応しています。

地味な作業ですが、全ての動きがスムーズになる

だけで、弾き心地が生まれ変ります。

ご自宅のピアノも動きが鈍くなっているかも

しれませんので、調律師にしっかり見てもらうと

いいですよ!

S (*゚▽゚)ノ