中古ピアノ調整のファイリング

オーバーホールの際に新品のハンマーを

取り付けますが、そのハンマーをファイリング

(ハンマーを削る)します。

また、中古ピアノについている中古のハンマーも

ファイリングをします。

この2つのハンマーでは根本的に違う事があります。

それは、中古のハンマーには長年使用されたことに

よって、ハンマーに弦の溝(跡)が付いていることです。

 

弦の跡が深くなるほど、ハンマーは変形したり硬い

音がしたりと不具合が起ります。

当然、変色もしていますし一度ファイリングをして

適正な形に戻してあげる必要があります。

何度もファイリングを繰り返すと、当然ハンマーも

小さくなっていきますし、弦の溝が深すぎて最適な

形状まで戻せないようなハンマーも存在します。

そうなってくると、ハンマー交換の時期ということに

なってきますので、調律師さんからお話があった

場合は御検討下さい。

綺麗にファイリングをされ、しっかりした整調をして

あるピアノを見ると、嬉しくなる調律師は僕だけでは

ないはず!(=^_^=)  -S-