中古ピアノのチューニングピンが!!

写真を見て下さい!

これは、グランドピアノのピアノ弦を新品に交換する為チューニングピン(ピアノの弦が巻いてありこのピンで調律を行う)も交換する為、抜いてみたところこのように錆びているピンがありました。

上の方は目視で確認出来ますが、溝の入っている所はピン板の中に打ち込んである為抜いてみないと分かりません…

と言いながらも、これ程錆びていると調律時に異常を感じるレベルですが(;^_^A

このようになってしまうと、ピンが張力に耐えうる保持力を失っていたり、調律しにくい状態になっていたりトラブルの元となるのは明白ですね。

これは、経年変化だけでなくピアノ管理も良く無かったとおもわれます。湿度管理は木部やクロス系だけでなく金属パーツを錆びさせる原因にもなるのでしっかり湿度管理していきましょう!

しゅんすけ@工房