グランドピアノ フレームと本体がドッキング

響板塗装とフレーム塗装が終わったので、弦圧調整等のマニアックですがとても大事な調整を施した後はいよいよフレームとピアノ本体がドッキングします
ドキ(*´ェ`*)ドキ

ピアノは重量物として知られていますが(ピアノ運送専門業者があるほど)、その大部分をこのフレームが占めています。

工房では専用の機械でも立ちあげるので1人でフレームを乗せることが可能ですし、怪我の心配もなく安心です。

ピアノ本体にフレームを乗せると専用の大きなネジでしっかり固定します。
それが終わるとフェルト系を準備しいよいよピアノ弦の張る作業に入ります!!

しゅんすけ@工房