修理と言っても。

修理と言ってもピアノの場合
外装磨き
塗装
ピアノ内部の調整
音作り
弦やピンの交換
ハンマー等の内部パーツ交換
鍵盤の調整
etc…
と多岐に渡ります。
全ての工程を熟す調律師は実は少なく、調律師だからと言ってピアノの事を全て出来るとは限りません。
出来たとしても、経験量に限界があったりします。
そういう部分を補えるのが、当社のように沢山の調律師が居る会社のメリットではないでしょうか?
たくさん調律師がいても工房を持っていなく、お客様宅で調律するのがメインとなる会社では修理技術にも限界があると思います。
オーバーホールまで行うことが出来るというのはとても大きな事で、ピアノの事なら何でも来いщ(゚Д゚щ)
という強みがあるのが弊社の武器ですので、何でもご相談ください。
写真は、グランドピアノの外装磨きの様子です。
しゅんすけ@工房